Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

物事を長続きさせるつ9のコツ

今日習字を書いていて、ふと習字をかれこれ15年ほど続けていることに気がついて、自分で言うのもアレですが、これって実は結構凄いんじゃないかなと思いました。

好きなスポーツとかが長く続くのはわかるし、実は青春の大半を費やしたバスケはまだ細々とやっているけど、好きだけど大好きというほどでもなく、何かにものすごく憧れたわけでもない習字が15年続いたのは、(飽き性の)僕にとっては奇跡に近いなと。

長く続けただけあって、(プロの方々には全く足元にも及ばないと思っていますが)一応お免状も取ったし、展覧会で何度か賞も貰ったし、それなりに人に「書道をやっています」と言って恥ずかしくないレベルにはあるんじゃないかと。

何が良かったのかなぁと思って書くのであくまで経験則で後付けですが、まぁ参考になると思いますので、どうぞ。
≫続きを読む

スポンサーサイト

| ライフハック | 23:05 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 物事を長続きさせるつ9のコツ

≫ EDIT

社会人になった今、大学生の時の就活を振り返ってみる

けんすうさんの「能力なく器用でもない僕がいま大学生だったらどういう人生を選ぶか」や、いま大学生だったら、どういう人生を選ぶか?を見て、まぁ俺のことなんて誰も知りたくないだろうけど、最近ちょっと思うことがあったので書いてみます。

≫続きを読む

| 日々の生活 | 02:48 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 社会人になった今、大学生の時の就活を振り返ってみる

≫ EDIT

非常識だけど卓越した成果を残すための仕事の法則

常識的だけど平凡な成果を残す仕事の法則
・会議の時間を設定して時間通り進める
・怒らないように意識して取り組んでいる
・自己管理を徹底し、規則正しい生活を送っている
・議事録をしっかり残す
・しっかりと文字にして理解する
・相手ベースで物事を考え、相手の満足を追求する
・しっかりタスクを割って期限を確認する
・インプットをしたらアウトプットをしっかりする
・仕事はあくまで手段であり、目的がその先にある

非常識だけど卓越した成果を残すための仕事の法則
・納得のいくまで突き詰めるため、会議の時間は計らない
・判断基準が内側にあるので、気に入らないことがあれば怒る(「怒鳴る」ではない)
・自然体で振る舞うことが結果として最も効率が良いため、規則正しい生活を送る必要はない
・会議の最中のメモやイメージ図自体が議事録となるので、後から文章で書きおこしたりしない
・物事をイメージで理解する
・相手のためという次元を超えて、徹底的に自己満足にこだった結果、相手の期待値以上の成果が出る
・柔軟性を持たせるため、タスクを細かく割らず大まかな期限のみ確認する
・インプットと同時にアウトプットを行い、そのサイクルを高速で回している
・仕事自体に高い誇りを持ち、それ自体が目的となっている

| ライフハック | 23:37 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 非常識だけど卓越した成果を残すための仕事の法則

≫ EDIT

人生における選択は、いくら考えたって結局は変わらない

今日、道を歩きながら、

「そういえば今までの人生における選択って、後から振り返ってみると驚くくらい同じ判断軸でしてるな」

ってふと思いました。

≫続きを読む

| ニュース/コラム/思考 | 03:07 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 人生における選択は、いくら考えたって結局は変わらない

≫ EDIT

短時間で飛躍的に中身が身につく読書術

短い時間で効率良く本の内容を理解したい…ってのはたぶん現代の知識社会で生きる多くの人の欲求であり、そのための方法論が載っているいわゆる「読書術」系の本が流行ってますね。(もう流行は下火気味??)

だいたい、その本たちの要点は以下

・まずは目次を読んで、全体像を理解する
・要点のみを書いた読書メモを書いて見直す
・同じ分野の本を横並びに比較して読む
・ブログ等にアウトプットする
・・・
などなど。

はっきり言って、そのどれもがほとんど時間対効果が薄いっす。
特に読んだ後に付箋を貼っておいて、メモを取るなんてやってみたけど、ずぼらな僕にとってはとっても面倒で挫折してしまいました。。
(こんなこと言ったら著者さんに殺されそうだけど…)

んで、時間対効果が薄い理由は簡単で、自分の頭に汗をかいていないから。単なる作業に終止しているから。

このエントリでは、僕なりの「最も効率良く本の内容が身につく方法」を書いてみます。
説明+1冊具体例を挙げてみましたので、どうぞ。
≫続きを読む

| 情報管理 | 17:27 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 短時間で飛躍的に中身が身につく読書術

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。