Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
(2006/12/01)
本田 直之
商品詳細を見る



言わずと知れた名著ですよね。

この本との出会いが俺の読書効率を何倍にも上げてくれました。

その仕組みを知りたい方は↓



<書評>

社会人に向けての本だけど、学生視点でも非常にためになります。

これから就活する人や、就職決まってビジネス書とかを読もうとしている人には是非読んでほしい本です。

本を読む際の効率が何倍も違ってきます。


読書には大まかに、「ただ楽しむための読書」「何か有益な情報を得るための読書」の二通りがあると思います。

これは後者向けの読書について書かれた本で、

「どのように本を探すか」

「目的を持った本の読み方」

「如何にしてアウトプットするか」

などについて非常によくまとまっています。

本田氏のレバレッジメモを作成するというアイディアは、読んだ当時の僕は本当に感動するくらいのアイディアでした。

<実践・教訓>

投資のための読書をする際に今では次の決まった手順で本を読むようにしています。



①まずは目次を熟読する。

②目次から大事そうな箇所を決めて、緩急をつけて読む。

③読みながらポストイットを貼ったり、ページを折ったり、書き込みをしながら、その本を自分流にカスタマイズする。

④もう一度全体を俯瞰して、自分のレバレッジメモを作成する。

⑤ある程度時間が経ったらレバレッジメモを読み直し、随時更新する。


ちなみに、本田氏は週末にパソコンで一気にレバレッジメモを作成していますが、なかなかまとまった時間が取れない&めんどくさがりな僕は、正直続きませんでした。

やってみたけど、1冊やるだけでも結構時間かかります。30分くらいはかかるかと。

そこで、読んだそばからレバレッジメモを作成すればいいじゃないかと思。

パソコンは持ち歩くのは面倒だからなんかいいツールないかな~と考えていたら、携帯があるじゃん!と。

というわけで、携帯メールでその場で手軽に作成してパソコンに送る→編集の必要があれば編集してプリントアウトしてます。

ipod touch買ったらそっちで管理する予定。

<関連書や紹介されているツール>

読書術についての本格的な本である「本を読む本」

本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
(1997/10)
モーティマー・J. アドラーC.V. ドーレン

商品詳細を見る


PCでレバレッジメモ作成の際、両手がふさがるため本を開いておくのが面倒です。

そこで本を開いておくために便利なブックストッパーブックスタンド

(個人的にはブックスタンドを愛用してます。ちなみにこれもブックスタンド使いながら書いてます)

ブックストッパーブックストッパー
(2004/07)
不明

商品詳細を見る



ELECOM EDH-004 ブックスタンドELECOM EDH-004 ブックスタンド
(1997/11/20)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

| 人付き合い/ビジネススキル | 23:50 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - レバレッジ・リーディング

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/10-c238be66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。