Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

サマーウォーズを見て思ったこと

昨日サマーウォーズを見てきました。はっきり言って、僕はめちゃくちゃ感動したし、めちゃくちゃワクワクしたし、これ以上ないほど心の奥底に響いた映画でした。確かに設定は出来すぎているけど、120分という短時間である映画の中で何かを伝えることを考えると、これがベストだと言わざるを得ない。絵だって決してうまいとは言えないと思ったけど、とても生き生きしていてこの映画にはもってこいの画風だと感じた。

僕も親父の田舎があって、毎年正月には親戚が一同に集まって宴会をするし、おばあちゃんもこの映画のおばあちゃんと被るところがあるし、OZの世界は僕の中の理系的な知的好奇心がくすぐられるし、もう楽しかった。

現代の進歩した科学と田舎の人情という一見結びつかないようなものを見事に結びつけていて、僕はこの映画は現代社会にある種の警鐘を鳴らしていると同時に、新しい未来の在り方を示唆してくれていると感じた。

↓というわけで投票よろしくお願いします。



この映画をどういった切り口で見るかは人それぞれだけど、やっぱり僕はコミュニケ―ションの形として切ってみる。

「どんなに科学技術が発展して、素晴らしいものができたとしても、結局はリアルの家族の絆が大事でそれに勝るものはない」っていう評価がネット上なんかをみていると散見しているけれども、それがこの映画の本質ではないと僕は思う。

そもそも何をもって「リアル」とか「現実」とか言うのか、もはや分からなくなってきている。現実の社会がリアルでOZがリアルではないとはどう考えても言えないし、この部分に焦点を当てたもの、つまり拡張された現実がまずはこの映画の1つのテーマだと思う。

これからコンピュータのクラウド化に伴って、世界のあるゆる情報はますますクラウド化に向かっていくだろうし、OZのようなことは任天堂あたりが何年か後にやりそうだし、結局新しい「現実」が仮想の空間に生まれるのは間違いない。

この映画で言いたいのは、だからと言ってそういう拡張された空間に「現実」がシフトしていったときに、今ある「現実」の重要度は低くなるのかと言われれば、決してそうではなくて、むしろより一層大事になってくるということだと思う。

これはOZのシステムが乱れて現実社会が混乱した時に、90歳の栄おばあちゃんが色々な人に電話して、混乱をすぐに収めたというシーンに表れているんじゃないかなと。(この時一度目の涙を流す。笑)

今の社会は効率化重視で、人と人とのコミュニケーションがますます少なくなっている。メールで済むものはメールで済ませて、人に会うのを「投資の時間」と言っている人が多くいるけど、これは投資でも何でもなくて、人間としてごく当たり前の行動であって自然の中にいる人間の原点だと思う。



そしてもう一つのテーマは新しいコミュニケーションの形ではないかなと。
もちろん縦のつながり、家族のつながりは本当に大事で、この映画を見た多くの人が田舎に帰りたいと思ったであろう。

けれども僕が注目したいのは、OZの中の最後の花札のシーンで、ある少年をはじめとして世界中の人々が命(アバター)を預けると言ってきたシーンである。

つまり仮想空間の中で、「家族と他者」という新しいコミュニケーションの形が生まれた瞬間である。現実にミクシィなんかのSNSで、「自分と他者」というようなネット上でのコミュニケーションは行われている。だけれども「家族と他者」という形では決してそれは行われていない。

これからますます高齢化社会が広まり、社会が多様化し、家族の形態も変化した時に、より拡張された現実で、家族のコミュニケーションが取れる。さらに「家族と他者」という新しい形でのコミュニケーションが取れるようになる未来はそう遠くない、こんなことを示唆しているのではないかなぁと、感じた。

まぁ、家族と他者でコミュニケーションを取るシチュエーションなんて、今の社会ではそうはないだろうけど、21世紀は何かそこらへんの意識が変わっていきそうな予感がするなぁ~

というわけで、この映画は、本当に面白い作品でした。何度か泣きました。笑




スポンサーサイト

| 映画 | 02:08 | comments:2| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - サマーウォーズを見て思ったこと

COMMENT

そんなに素晴らしい映画だったんですか~!

見に行ってみたくなりました~

| ハセ | 2009/09/21 09:57 | URL |

>ハセさん
いやー本当にすばらしい映画でしたよ。日本のアニメはやっぱ凄いっすね。

是非見に行ってみてくださいな♪

| ハナ | 2009/10/01 22:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/103-a82de7cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。