Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

幼稚園の先生理論

ある幼稚園の先生が園児たちに将来の夢を聞きました。
「お花屋さん」「おわまりさん」「ケーキ屋さん」「先生」など如何にも園児らしい答えの数々が返ってきました。

数年後、その生徒たちが小学校を卒業するときに、将来の夢という題で作文を書いてもらいました。
「プロ野球選手」「社長」「ゲームデザイナー」「モデル」など、小学生らしい答えの数々が返ってきました。

さて、これの意味することは何でしょう?

↓というわけで投票よろしくお願いします。



これは僕が聞いた話ですが、この話はある重要な示唆を与えてくれます。「年を取るにつれて夢が現実的になる」なんてしょぼい話なんかではないです。

それは「夢は実際に見たことのある範囲内で決めている」ということです。

つまり幼稚園児は実際に周りのものやことを夢にする。小学校では視点がもう少し広がって実際に自分で体験したことやカッコいいと思うものを夢にする。

何が言いたいのかというと、今までの人生の中で強烈に「これがやりたい」と思えるものに出会わなかった人は、別に無理して「これがしたいから御社を志望しました」なんていうことを言う必要はないんじゃないかということ。大半の学生が今までの人生の中から社会に出て自分が何がしたいかを考えているけど、別に社会に出てから何がしたいかを考えればいい。

そして別に会社選びなんて、究極的には直感でしかない思っています。
社会に出てから、自分のしたいことを決めるのは至極当り前のプロセスだと思うし、直感っていうのは今までの人生の中から脳が瞬時にはじき出した感覚だからそれは正しいことが多い(と僕は思う)。

そしてよく考えてみると何故直感を感じたのかには、何か今までの人生とのリンクすることがあると思うからそれをうまく言語化して面接官に伝えればいい。

僕は就職活動の志望動機なんて、大半の人がこんなものなんじゃないかなぁと思う。
いくら自分が○○がしたいからこの会社に!とか言っても、結局その○○が出来る確率は大企業に行けば行くほど低いのだから。
スポンサーサイト

| 就職活動 | 20:08 | comments:3| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 幼稚園の先生理論

COMMENT

庄司とやっちゃったのは山本梓で矢口は無実!!しゃべくり007【24時間テレビ】

庄司とやっちゃったのは山本梓で矢口は無実!!しゃべくり007【24時間テレビ】

8月29日から30日にかけて放送された日テレの「24時間テレビ」。
29日未明に放送された「朝までしゃべくり007」のコーナーで、「品川庄司」の庄司智春が、「ミキティ以外に結ばれた芸能人」を暴露した。



http://yamamotoazusaazusa.blogspot.com/

| 庄司とやっちゃったのは山本梓で矢口は無実!!しゃべくり007【24時間テレビ】 | 2009/09/09 16:30 | URL | ≫ EDIT

学生ランキングからきましたー* 私も読書とバスケ大好きです。ちなみに私もFやってます。笑
私はいま2年なので、本格的な就職活動はもう少し先になるのですが、今のうちに、本気になれることにたくさん触れあったほうが良いってことになりますよね* 逆にいえば、何が就職につながるか、わからないんだし・・なんて思いましたっ*

| あんず | 2009/09/12 00:24 | URL | ≫ EDIT

>あんずさん
返事が遅くなってしまいすみません。。
バスケと読書が好きなんて、めちゃくちゃ趣味が合いそうですね♪

そうですよねー。後から振り返ると、結局何をやっていても本気でやればそれは繋がることだと思います。あんずさんのその考えが僕は自然だと思いますね!

| ハナ | 2009/09/17 16:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/104-2e90eb0b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。