Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

納得するということ

少し前に、「納得する」ってどういうことだろうと友人と議論になった。
実は「納得する」に対応する動詞は英語にはなくて、英和辞典を引くと”accept a situation”などが出てくる。ここに少しヒントがあるように思う。

皆さんは「納得する」とはどういった現象だと思いますか?


友人の出した1つの答えとして、納得することの背景には「恐怖」という感情が存在しているという。怖いから納得する、なるほどなと僕は思った。
よく考えると納得しても状況や現実は変わらないが、少しだけ気持ちが楽になることが多く存在する。

最たる例が、自分の病気の診断結果を医者に告げらたときを考えてみよう。
「大したことはないので、手術をすれば治る」と言われたらきっとあなたは納得して、それまでの恐怖から少しだけ開放されるだろう。

しかし、「あと1年の命です」と言われたら、きっとあなたはすぐには納得出来ないだろう。

どちらも告げられる前の告げられた後の現実は変わらないのに。そして例え同じ人から言われたことであっても納得できることと納得できないことがある。

また、後者の例、つまり余命を宣告された人が、それを納得する時もいずれくるであろう。それはきっと、自分の死を受け入れる、つまり死ぬことによる「恐怖」を受け入れて、今現在の「恐怖」を少なくしていることだと言い換えることも可能であろう。

つまり、納得するという現象は、
「自分の恐れを和らげるために存在する生理的現象」であると定義できるかもしれない。
スポンサーサイト

| ニュース/コラム/思考 | 21:11 | comments:1| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 納得するということ

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/09/24 18:05 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/106-c5bc5d95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。