Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

LRアカデミー マーケティング手法まとめ

こないだのセミナーで聞いたマーケティング手法をまとめます。一度もこういうことを勉強したことがない僕に取っては非常に新鮮でした。

なので忘れないうちにまとめてみようと思います。

ちなみにこのセミナーで最初にやった課題が評価されたようで、特別に少人数セミナーに招待されました。ありがたい。課題についてはこちらのエントリーをご覧ください。

↓投票よろしくお願いします




リスクリバーサル

これはクライアントの不安の軽減するという手法。

例えばあるペットショップで同じ種類の犬が売られているとする。片方は10万で片方は15万円、あなたならどうやって15万円の犬を顧客に買わせるか?

これに対する1つの回答として、1週間のお試し期間を設けることが挙げられる。これが典型的なリスクリバーサルで、コストをかけずに不安を軽減することが出来る。

ただ講義では述べられていなかったが、お試し期間中に何かが発生するリスク(例えば犬が死んでしまった、飼い主による虐待、失踪)等も考えなきゃいけないから、単純にコストをかけずにとは言い難いとは思います。


Bye one, get two

これは要するに5割引と全く同じですが、単純に5割引きにするよりも効果が高い手法です。

ハワイのABC Storeに行くと、色んな商品がこれで売られています。びっくりするくらい多くがこれで売られていました。

講義では高級レストランの例を出して説明していましたが、高級レストランがこれをやるとブランドイメージの低下に繋がりそうで実際には行われていないんじゃないかなぁとか思いました。

Free gift for buying

これは何かおまけがついてくるという手法です。

例えば、「車を買うとお米2年分がついてくる!」と言って米2年分が実際に店頭で積まれていたら、お客はめちゃくちゃお得感を感じる。

実際は米2年分なんて車の値段の1割にも満たないので、「1割引」で買った方が顧客側から見れば本当は得なのですが、錯覚してしまう。

というわけで皆さん、何かを貰うよりも割引きしてもらいましょう。笑


情緒的な納得を演出する方法


マーケティングは相手が人間なので、半分は人間性で決まる。

これは人間の感性や感情に訴えかけるという手法で、六本木の「ル・ショコラ・トゥ・アッシュ」というお店を例にだして説明していました。

この店、チョコ1粒で400-1000円するそうです。

そして店内には独特の世界感が施されていて、人間の体温がチョコによくないからと入店制限されていて、更にチョコをジュエリーの如く取り扱っている。

人間はこういう演出をされると心理的に、「これは普通のチョコとは違うんだな、じゃあ多少高くても買ってもいいや」という気分になるそうです。もしこれが普通のチョコだったら一種の詐欺ですよね。笑


更に最近の研究で、

「人間は一番最初に触れたブランドを生涯使い続ける確率が高い」

という結果が出たそうです。これを受けてマックでは子供向けにCMを流しているし、資生堂も中学生向けの化粧品をコンビニで展開している。


一度こうやってちゃんとマーケティングを勉強すると、世の中の仕組みが分かって面白いなぁと思いました。

スポンサーサイト

| 就職活動 | 11:24 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - LRアカデミー マーケティング手法まとめ

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/110-b58e4dea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。