Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

私的就活まとめ その2 ~外コンインターンで学んだもの~

というわけで自己満足就職活動まとめです。

第二回は自己分析編でも書こうかと思っていましたが、ちょっと忘れないうちに夏に行った外コンインターンのことでも書きます。

まぁコンサルというと、当初のイメージは

肉食系でガツガツした人たちの集団
「人間としてそれどーなの?」的な人が多い


とかいう勝手なイメージでしたが、僕の行ったところは真逆でした。

人生におけるターニングポイントはきっと色々あるんだろうが、今年1年を振り返ると、「就活って思ってたよりもおもろいな」とか思えたこの経験って結構でかい。今年1年間で見ればちょっとしたターニングポイントなのかもしれない。



やったこと

まぁやったことはグループワーク+ケースの延長線上で、「某ゲーム会社の中期戦略(3~5年後)を練る」ということです。ちなみにグループといっても、2人。

コンサルっていうと、(俺の中のイメージでは)ロジックを積み上げていって解決案を提案する、っていう手法なのかなぁとか思ってたので、その企業の財務諸表だとかゲーム市場の話とか、いろんな情報をかき集めて、こうじゃないかなぁと1日目に報告したところ、全然甘かった。

まず考えるのは、そういう視点じゃなくて、「企業らしさ」とは何か?ということ。

理念や理想を、製品を通してどうやって伝えていっているか、その”企業らしさ”はどこにあるか、

そういった部分を考えなきゃ、例え利益が出るような戦略を練ったとしても、付け焼刃的な一手でしかないと。

好みは人それぞれですが、僕はこういった考え方がすごく好きで、そのあとはひたすら抽象的な”企業らしさ”をどんな切り口から、どうやって言葉や形として捉えてたらいいか、ということを考えました。

僕は、ある程度基本的な情報を集めたらそこからはアイディアベースでロジックを作っていくっていうトップダウンの考え方が好きで、この会社も結構そういう思考をする人が多い。きっと短期間で成果を出すためには、そういうセンスのようなものが必要なのであろう。僕にセンスがあったかは別として。

とにかく、この作業はものすごく面白かった。なんていうか、ロジックってのはそういう軸を持って初めて成立するものかなと考えがちょっと変わった瞬間だった。





グループワークがひたすら下手糞

僕は頭の回転は早いのか遅いのか分からないが、考えていることを咄嗟に言語化出来ない。これは最近特に顕著で、自分の考えがしっかりまとまってから、議論をしたい派である。笑

先にも書いたが、僕はボトムアップの考え方がどうも苦手で、グループディスカッションとかで皆でコンセンサスを取りながら積み上げていったとしても、その積み上げがどうも腑に落ちないことが多い。

それはきっとトップダウンで考えるから。超仮説志向とか言うらしい。

だからペアでグループワークやっている時も、ペアの子に、「ちょっと今から30分間はお互い別れて考えようか」とか頻繁に言っていて、ペアの子はさぞかし迷惑だったんじゃないかと思う。笑




社員さんがすげぇ

この社員さんの人当たりの良さは、外資のコンサルファームでも別格のようです。(これは後から知人に聞きました)謙虚な人が多く、相手の話を最後まで聞いてくれる。でも謙虚さだけじゃなくて、内にはアツいものを持っている。


社長曰く、
・異質なものを受け入れる姿勢
・無駄の中にこそ本質があるという心構え

を大事にして、なんとかして企業、特に日本のものづくりにイノベーションを起こしたいのだとか。
色んな人がいるけど、この思いだけは皆が共有しているんだと思う。



そしてこれは本当かどうか知らないが、

「あんま寝てないけど、仕事は面白い」って言ってる人がほとんど。

でも顔つきとか言い方を見ると、ホントに面白いんだろうと思う。

もう、論理と情理のバランスがフィットしまくりました。



んで最終日には朝まで飲みに付き合ってくれて、

先日もセミナーで東大の近くに行くからと、社員さんに誘われてご飯もごちそうになり、

素晴らしいです。


フィードバック

以下箇条書きで。

・超仮説志向でコンサル向きな思考をしているが、全体感に少し欠けるのがおしい。初期の段階できちんとMECEを吟味して欲しい。(実はMECEって言葉はこのとき始めて知った。皆良く使っているけど人の名前なんかと思ってた。笑)

・アイディアが5つ以上出たら、カテゴライズして構造化してみると良い

・プレゼンでは、ビジネスモデルまで踏み込んでほしかった。どこで収益を上げるか、をもっと具体的に。

・プレゼンが少し冗長、もっと簡潔に言うことを心がける

・何を言って何を言わないか、どうしてこの切り口で切ったか、のところを始めに話すべき

・質問は相手のロジックで答えるべき。自分のロジックで答えようとしすぎ(これは学会とかのプレゼンとは別で、新鮮だった。まぁ学会だと変な質問してくる先生が多いからかな)



採用

例年採用人数は3、4人。今のところ2社しか受ける予定ないのに、大丈夫かな。
(ちなみにもう片方も倍率100倍以上)

まぁ気楽に頑張ります。
スポンサーサイト

| 就職活動 | 00:04 | comments:2| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 私的就活まとめ その2 ~外コンインターンで学んだもの~

COMMENT

企業らしさ・・・ぱっと聞かれると表現しづらいものですね。。

| YGGR | 2009/12/12 22:26 | URL | ≫ EDIT

>YGGRさん
そうなんですよ。
なかなか難しいもんですよ。ただ企業らしさを知らないときちんと志望動機が書けないような気がします。

| ハナ | 2009/12/14 22:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/133-4c332971

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。