Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

無理をして夢やビジョンを持つ必要はない

夢やビジョンを持って逆算思考をしろ


自己啓発書やビジネス書で聞き慣れた言葉だ。これは果たして正しいのだろうか?


実は僕は逆算思考が全く出来ない人間だ。以前7つの習慣を読んで、ミッションステートメントなるものを作ろうと思ったのだが、全くもって無理だった。というか、腑に落ちなかった。

以前書いた記事10年後に社会の中で実現したミッションは何ですか?で、リクナビのミッションを作りましょうというセミナーに対して違和感を感じたことを書いた。

今回の記事はその違和感に対する自分の中での答えなのかもしれない。

(最初に断っておくが、別に僕は夢やビジョンを持つことが悪いと言っているわけではない、無理してまで持つ必要はないと言っているのである。)




なぜ夢やビジョンを持てと言うのか

夢やビジョンを持てという人は、必ずと言っていいほど、

・自分自身が夢・ビジョンを持って大きく行動が変わった

ことが原点にある。ほとんどの人間は自己否定が出来ない。多くの人がベンチャーではなく大企業に行けというのは自分自身が大企業にいる(もしくは大企業に行きたかった)からである。

ベンチャーに行った人で大企業に行け、とアドバイスする人なんて聞いたことがない。

話を戻すと、自分自身の経験から来ているのである。ここに重大な見落としがある。大事なのは夢やビジョンを持つことではなくて、夢やビジョンを持つに至らしめた経験なり体験なのである。

それを抜きにして、夢とビジョンを考えたとしても、それは空虚な妄想でしかなく、達成される見込みは限りなく低いのだ。逆に何か強烈な経験・体験を通して見いだしたビジョンは、自らの心に深く刻まれ、いつ何時もそのビジョンのために頑張ることが出来る。

なので本来ならば、夢やビジョンなんて持とうと思わず、とりあえず目の前のことに一生懸命取り組み、自分の視野を広げるために色々な行動を起こすことこそが大事なのである。そういった意味で、リクナビのセミナーはひどく期待はずれだった。




僕には明確な夢とビジョンはない

明確な夢とビジョンは何1つない。

現時点では、漠然と、世界に誇れる日本を作りたいなと思ってはいるが、そのための目標などは何もない。なくてもいいと思っている。そんなもの、時間とともに移り変わっていけばいい。

今は目の前のことをやることが何よりも優先される。最近はこれが出来ていないので、やらなければならない。いくら壮大なビジョンを持っていても、それに向かって何も行動をしていなければ僕は凄いとは思わない。

基本的には、人は思想ではなく行動で評価されるべきだと考えている。


好きな言葉の1つに、

Think Globally, Act Locally

というものがある。視点は世界におきながら、地に足をつけてやるべきことをやること。



時間とともに、大きく変化しくこの時代において、ビジョンを持つことはそんなに重要な意味を持たない。それよりも、その時々において、自らの頭で考えて、時には自己否定をして、行動に移すことの出来る能力こそが、真に必要な能力だと思う。動的なビジョンを持てる柔軟性を身につけたいと強く思う。

そして、僕が死ぬ時に、あぁこれだけは変わらない価値観だったなと言えることがあって、それを後世に残すことが出来れば、それほど幸せな人生はない。
スポンサーサイト

| ニュース/コラム/思考 | 16:31 | comments:6| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 無理をして夢やビジョンを持つ必要はない

COMMENT

そうですね、根拠のない壮大なビジョン(F1レーサーになるとか)を持つよりも今までの人生に立脚する夢(夢やビジョンを持つに至らしめた経験なり体験)の方が大切でしょう。

static(静的:最初に決めて容易に変更しない)な目標と、dynamic(動的:状況に応じて臨機応変に変化させる)な目標ではどちらがいいかは一概には言えないのだけど、経験的にはdynamicの方がうまくいきます。staticがいいのは厳密性を要求する場合とか、よほど最初の設計が上手くいっている場合とか、セキュリティ上の問題(変な風に誘導される恐れとか)がある場合です。

でリクナビのセミナーですが、そんなもんです。インターンとかで内部から見てみると企業の発信する情報(新製品とか企画とか)は「こんなのいけんじゃね?」みたいなgdgdな雰囲気の中で無理矢理ひねり出して、コンペをやってその中で一番マシなものを磨き上げて出しています。外に出るときには立派に見えますが、その意志決定の過程は案外しょーもなかったりします。リクルートのような会社も常に新しいビジョンを出さなければならない宿命を背負っているので新しいことを次々に言いますが、大抵はgdgdな雰囲気の中で作られていると想像します。

| onaneet | 2010/01/05 17:21 | URL |

動的なビジョンって言葉に凄くグッときたというかしっくりきました。

最近長期的なプランってのを考えあぐねていたので。自分自身に落とし込めなくてどうしたものかと。

絵に書いた餅ばっか見てないで行動から能力を磨き続けたいです。

| ハセ | 2010/01/06 13:14 | URL |

Re: タイトルなし

> そうですね、根拠のない壮大なビジョン(F1レーサーになるとか)を持つよりも今までの人生に立脚する夢(夢やビジョンを持つに至らしめた経験なり体験)の方が大切でしょう。
ありがとうございます。根拠のない壮大なビジョンも実感を持って持てたらいいんですけどね。なかなか難しいです。


> static(静的:最初に決めて容易に変更しない)な目標と、dynamic(動的:状況に応じて臨機応変に変化させる)な目標ではどちらがいいかは一概には言えないのだけど、経験的にはdynamicの方がうまくいきます。staticがいいのは厳密性を要求する場合とか、よほど最初の設計が上手くいっている場合とか、セキュリティ上の問題(変な風に誘導される恐れとか)がある場合です。
staticな目標は、短期的なものや・どうしても達成しないといけないゴールが明確な場合などには効果的な気がします。あとはやはりdynamicな方が僕もうまくいくように思います。


リクナビに関しては、もしおっしゃる通りでしたら本当に残念です。

| ハナ | 2010/01/07 16:42 | URL |

Re: タイトルなし

ハセさん

僕も1,2年前は自己啓発本に刺激されて長期目標を考えていましたが、やはりどうしてもしっくりこなくてこのような動的な目標を立てればいいじゃんという考えに至ったわけです。

お互い頑張りましょう!!

| ハナ | 2010/01/07 16:45 | URL |

初めまして

初めてコメントさせていただきます。

私も最近7つの習慣勉強していて腹に落ちないので、こんなんで良いのかしらと考えていたところです。皆が皆、ああいう考えを賞賛してるんじゃなくて良かった…。

ところでリクナビのビジョンがなんたらというセミナーて秋口までやっていたあれでしょうか?
であれば私も行きました、企業側で笑。
あのセミナーで勘違い学生が増えないか少々不安です。
ビジョンがあれば受かるとか思ってたらお引き取り頂きたいですね。

| 華楠 | 2010/01/09 13:12 | URL |

Re: 初めまして

コメントありがとうございます!

> 私も最近7つの習慣勉強していて腹に落ちないので、こんなんで良いのかしらと考えていたところです。皆が皆、ああいう考えを賞賛してるんじゃなくて良かった…。
7つの習慣は非常に良い本だとは思いますが、全ての人に当てはまるわけではないと思います。

> ところでリクナビのビジョンがなんたらというセミナーて秋口までやっていたあれでしょうか?
はい、そうだと思います(笑)

> であれば私も行きました、企業側で笑。
> あのセミナーで勘違い学生が増えないか少々不安です。
> ビジョンがあれば受かるとか思ってたらお引き取り頂きたいですね。

きっとそれですね、ビジョンよりももっと大事なことがあると思いますね。地に足をつけることが一番大事だと僕は思います。

| ハナ | 2010/01/16 00:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/146-7d0fb9d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。