Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

"Paradox of choice"という罠に陥っているリクルート

心理学者Barry Schwartzが唱えた言葉にParadox of choiceという言葉がある。

直訳すると、「選択がもたらす矛盾」である。

僕なりに意訳をすると、「選択の自由は必ずしも人々に自由をもたらさない」という解釈をする。


親友がリクルートのセミナーに行ってきたらしく、色々と話を聞いた。リクルートの理念は以下。

Follow your heart
一人一人が自分の意志に従って、自分らしい選択と行動をし、自分らしい生き方が実現出来る社会に



この理念には僕は共感出来る。これが出来たら素晴らしい世界になるだろう。


しかし現実的に彼等が行っていることは、

1、多様なオプションを設ける
2、その結果、自分らしい選択と行動が実現出来ない人を増やす
3、選択肢を吟味してを決めきれない人に対して、コンサルティングをする


というひどく歪んだビジネスモデルなのである



なぜ、選択の自由は自分らしい行動を実現することを妨げるのか?

一般的に、多様な選択肢を設けることが自由に繋がると広く考えられている。選択の自由はもちろん良い側面もあるが、2つの悪い側面もあるというのがSchwartzの考えである。それは、

・多すぎる選択肢は開放感でなく無力感を生む
・結果に対する満足度を低くする


冷静に考えてみてほしい。目の前に100の選択肢を提示されてその中から1つの選択肢を選べと言われるのと、5つの選択肢から1つを選べと言われるのでは、精神的な負荷が少ないのは明らかに後者である。

これはまさに、現在の日本の就職活動の縮図である。多すぎる選択肢によって、就活生にはやがて無力感が生まれる。やってもやっても終わりが見えない。


そして、2つ目の結果に対する満足度の低下に関しては、就職活動の場合2つに分かれる。

・理想とする会社(第一志望の会社)に入社出来なかったことでの満足感の低下
・理想とする会社に入れても、入ってからやらされることに対する満足感の低下

どちらも選択肢の多さによる期待値の大きさに起因する。


古き良き時代は・・・などと言うつもりは毛頭ないが、選択肢が少なくとも、その少ない選択肢からベストと思えるものを選択して多少は期待にそぐわなくとも努力する方が精神的な満足を得られる確率は高くなる。


Schwartzは講演の最後のしめとして、Low expectation が大事であると皮肉を込めて言っている。これは確かに1つの解であると思う。



しかし一歩進めて考える。多大な選択肢の自由はもはや止めることは出来ない。インターネットというインフラがなくならない限りは終わらない。つまりは不可能である。

では、我々先進諸国に暮らす人間はどうすればいいのか。

選択の自由をコントロールする知恵を身につけるべきではないか。

俗にいわれるライフハックというヤツであるかもしれない。

僕は最近1つの真実に近いものを見いだしたと思っている。それは、本当に自分に取って使える知恵を身につけるためには効率の悪さを恐れない姿勢が大事なのではないかと思う。これ自体がライフハックかもしれない。

就職活動に関して言えば、実際に自分で足を運んで、目で見て、話してみないと始まらない。いくらウェブの情報や、僕がこのブログで偉そうに書いているのを読んでみたって、それは真の意味での知恵にはならない。

ウェブやセミナーで賢く情報を集めて、自分で行動して自分の経験というフィルターを通すことを繰り返して、「自分らしい」就活の知恵を身につけないといけない。

本来ならばリクナビのセミナーはそのような知恵を身につけるために存在すべきなのに、表面的なものをなぞって、むやみやたらと選択肢を広げることだけに注力している。ただそんなリクナビのセミナーは反面教師という意味では僕に取って、非常に役に立ったし、大事なのはその経験から何を学ぶかである。

Wise men learn more from fools than fools from wise men.



どんな経験からでも、学ぶべきことは多いのである。




話が少し拡散してしまったが、僕がこのエントリーを通して何が言いたいのかをまとめると、

Paradox of choice の罠に陥っている現在の日本の就活システムに対して、就活生は効率の悪さを恐れずに本質を見抜くための自分なりの知恵を身につけて、その知恵を次の世代に繋ぐことが出来ていけば、きっとリクナビやマイナビに踊らされるような満足度の低い就活はなくなるんじゃないかという仮説、でした。


Barry SchwartzのParadox of choiceの講演はこちらから


スポンサーサイト

| 就職活動 | 14:35 | comments:2| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク -

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/19 13:54 | |

Re: 【相互リンク依頼】

>クマ二チさん
相互リンク依頼どうもありがとうございます。
時間のある時にゆっくりとブログの方拝見させていただきますね^^
よろしくお願いします。

| ハナ | 2010/01/21 00:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/150-31d2f3c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。