Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

就活廃止論を読んで感じた違和感

ジョブウェブの社長の佐藤さんが書いた就活廃止論という本を読んだので、感想を書いてみる。

僕自身、今現在の就活のシステムには違和感を覚えているため、こうやって就活サイトの方が書かれている本などにはとても興味を持って読むことが出来た。しかしこの本にも違和感を感じた。

<就活>廃止論 (PHP新書)<就活>廃止論 (PHP新書)
(2010/01/16)
佐藤 孝治

商品詳細を見る



色々と共感出来る部分はあったが、ここでは敢えて苦言を呈させて頂く。僕もこれからの世代のために、今の就活システムをどうにかしたいと思って書いているのだとご理解いただきたい。


就職活動の早期化について


佐藤さんの主張では、「社会に出るための準備(ステップ0)を早くから意識する」ことが今の学生には必要だと説いている。そして今の就職活動の早期化は問題ではないと以下のように説いている。

むしろ逆に将来に対する学生の意識の高まりが、「学ぶ」ことへの興味・関心を高め、学業にもプラスに働く面が強いと考える



一見正論に見えるが、現場はそうはなっていない。というか、こういう就活生を見たことがない。

「就職活動をして学校の勉強を頑張ろうと思ったので、めちゃくちゃ良い成績を取って卒業する」人なんて皆無だと思う。聞いたことがない。大半が就活が終わった後は適当に卒論書いて単位取って卒業出来ればいいや、となっているのが現状ではなかろうか。大学がよくない面は確かにあるが、あまりにも現場を無視した見方だと思う。

ここで言う「将来の準備=就職活動」への意識の高い学生ほど、大学や大学院で何もしていない。特に理系で就活をがっつりやっている人は、「そもそもお前はなんで大学院に入ったんだ?」というようなヤツが多い。

東大の技術経営戦略という学科の先生たちは結構このあたりを嘆いていた。外銀外コンを手当たり次第に受けて、全く研究や勉強をやらないそうだ。まさに就職予備校と化している。質の高い修論を書くことの方が、就活で小手先の知識を蓄えることよりよっぽど役に立つのに、とある教授は嘆いていた。

今大学でやっていることはお金には結びつかないし、一見無駄かと思えるようなことが多い。けれどもイノベーションは一見無駄だと思えるところから生まれるのだ。

「将来のため」を考えたら研究者にならない人にとって研究など意味がないように思える。けれどもSteve jobsが言うように、点は後から振り返ると必ず繋がっているのだ。

何が言いたいのかと言うと、学生レベルの知識・考えで、社会の意識を高めて「将来のため」となると大学の勉強なんて意味がない、無駄という思考回路に達してしまうのである。大学では、社会・経済のシステムの中では一見無駄に見えることをやれるところなのである。僕は優秀な人というのはそういう人だと思っている。

もちろん大学の在り方にも問題があるだろう。しかしこれを論じずに、就活論を論じるのはあまりにも視点が一方向的ではないかと思う。


問題の本質はどこか

別に僕は学生の目が社会に向いていないことが問題だとは思わない。あちこちにビジネス系の学生団体があるし、就職活動を睨んで資格を取る人もいたり、大学3年生で就職活動をすること自体、社会に早くから目が向いている。

問題の本質は何かに真剣に取り組んでいる大学生があまりにも少ないことだと思う。

「別に就職なんてどこでもいいから、とにかく大学生活を遊びだけに使いたい」という人がいてもいいと思うし、「大学でしか熱くなってスポーツは出来ないから、体育会に入って真剣にやり抜きたい」、「自由な時間を使って世界様々な所に行ってみたい」、「早くからビジネスの現場に携わりたい」、「卒論・修論をしっかり書きたい」など色々な人がいてもいいと思う。でも実際には3年(修士1年)から就活があるから・・・となってしまい中途半端になる。

別に自分のやりたいことを思うままにやればいいのである。これは僕の持論だが、人は何かを必死にやった時に初めて自分自身が見えてくるものだと思う。それがないまま、いくら就職活動だからと自己分析をしても何も出てこないのは当然である。

また本書の主張のように、別に採用活動を大学1年からにしなくとも、ビジネスに興味のある人は自分で動き始めているだろうし、今はそんな機会が沢山ある。個人でネットを使ってビジネスだって出来る。


やはり僕が思っている問題は中途半端に大学3年(大学院1年)から就職活動が始まるから、自分のやりたいことが中途半端にしか出来ずに、付け焼き刃的な志望動機と自己分析をして、なんとかして内定を取ろうと必死になっている人が多すぎるのである。

大学3年生に、「大学で頑張ってきたことは何ですか?」と聞いてもまだ大学終わってないだろとなるのは当たり前だろう。普通に考えて、大学卒業後に聞けばいいのではないか。

確かに視野の狭い、何をやって良いか分からない人達に無理矢理でも早くから社会に目を向けさせるのは大事なのかもしれない。けれどもそれが就職活動、採用活動である必要性はない。

何も社会への準備だけが人間の成長機会ではないはずだ。



また、本書の後半では、

海外では通年採用や大学卒業後に就職活動を行うことがグローバルスタンダードである、と言っておきながら日本は大学1年から選考試験を解禁。学生の意思表示は10月以降、優秀者には複数年内定者パスなどの提案をだしている。

これを実際にやったらどうなるか。間違えなく、大学は就職予備校となるだろうす。企業側も早くからいい学生を取りたいがために必死になるだろう。学生も学生で、部活や勉強や留学などに、大学でしか出来ないことに打ち込むために大学に入ったのに、就職というプレッシャーからそれが中々難しくなるだろう。

ただでさえ今の現状は早く動いたもの勝ち、のような所があるのに、それがますます加速されることは間違いない。





僕はいっそのこと海外と同じようなシステムにすればいいと思う。それがグローバルスタンダードならば。

大学、または大学院終了後に就職活動スタート、通年採用でインターンを行って採用、インターンの選考は「何を考えて大学生活を送ってきたか」を聞く。

そうすれば何の目的意識も持たない学生は大学にこなくなるだろうし、大学でひたすら怠惰に過ごした人は自業自得だし、大学では部活や研究を真剣に取り組んで来た人に取っては有り難いし、在学中にビジネスやりたい人は学生団体とか入ればいいし、そこで直接企業にアポとって働かせてもらえばいい。

こんなシンプルな仕組みが実は学生にとっても企業にとっても一番いいのではないか。

学生に好きなことや興味のあることを真剣にやらせる。そのための提供機会やきっかけ与えれば良く、それを社会への準備と銘打った就職活動としてしまうのは何か大きな違和感を感じる。
スポンサーサイト

| 就職活動 | 13:56 | comments:10| trackbacks:1| TOP↑ | はてなブックマーク - 就活廃止論を読んで感じた違和感

COMMENT

>特に理系で就活をがっつりやっている人は、「そもそもお前はなんで大学院に入ったんだ?」というようなヤツが多い。

いやー、あんな下らないことに時間を使いたくなんかないですよ。けど、無職で卒業したら《日本では》既卒扱いになりどうしようもない。博士課程に進学するつもりの人や興味のある1, 2社を受けてさっさと内定を取れる人は研究にも打ち込めるだろうけど、NNTだと人生を棒に振ってまで修論の質を高められるかというと無理です。今になって思うと、こんな馬鹿馬鹿しい就活システムに乗った自分がバカなんですけど、視野狭窄に陥るとどうしてもそうなります。

内定コレクターみたいなのがいて、内定100社取れるかな?みたいな就活がっつりは見たことがありません。就活に時間を多く割く人は就活に苦戦している人ばっかりです。ですから、何しに来たんだと言われると確かに正論なんだろうけど、やりたくてやっているんじゃないと文句の一つも言いたくなります。

根本的には日本でしか就職できない人間にならないことだと思います。それは語学力もそうだし、あるいは就職情報会社が言うような「コミュニケーション能力」ではない本物のコミュニケーション能力を身につけることでもあるし、きちんと研究を仕上げて世界から求められる人材になることでもあります。

海外を目指す人は英文科だけは避けるべき
http://wofwof.blog60.fc2.com/blog-entry-259.html

でもありますが、日本と違って多くの国では学力の高い人は重用されます。英語力だけなら多分ネイティブの中学生にも大抵の日本人は敵わないけれど、じゃあネイティブの中学生を世界的な一流企業は採用するかと言えばそうではないのです。

このことにもう少し早く気づけばよかった。

| onaneet | 2010/01/22 00:12 | URL |

たすけて

| ひとり | 2010/01/22 19:31 | URL |

バスケおもしろいから・・・助けて

| ひとり | 2010/01/28 13:25 | URL |

ツイッターからきました。
まず後半の議論について。ここは僕も納得する部分が多いです。ただ、僕自身マジメにモノを考えて大学時代を送っていたかというと疑問な部分もあり、就職活動を始めたことをきっかけに自分と社会を結びつきを考えた過程で、それにはっきり気づきました。おそらくそうした転機のようなものがあってこそ気づきを得て才能を開花していくケースも考えた場合、現状の大学生活ではそれだけの転機を得る機会はそう多くない環境のことが多い。これこそ今の大学の最大の問題と考えます。

私も含めもともと主体性の重要性をキチンと理解していない、もしくはいなかった学生が多いことも事実です。(これは著書にも書かれている)しかしそうしたことを理解しておらず、埋もれている学生を発掘することが、日本の発展などマクロな視点に立ったときの教育のあり方ではないでしょうか。そして、そうした気づきをより多くもたらす就職システムになっていくことが、民間就職ばかりでなく多様な可能性を模索し、才能を発揮させる将来に結びつくのではないだろうかと思います。


前半は

>むしろ逆に将来に対する学生の意識の高まりが、「学ぶ」ことへの興味・関心を高め、学業にもプラスに働く面が強いと考える
>一見正論に見えるが、現場はそうはなっていない。というか、こういう就活生を見たことがない。
>「就職活動をして学校の勉強を頑張ろうと思ったので、めちゃくちゃ良い成績を取って卒業する」人なんて皆無だと思う。

ここでまず学問=学校の勉強としていることがそもそも間違いだと思われます。学ぶことは授業ばかりでなく本を読んだりすることでもできる。将来や仕事について考えた過程で知りえたことが学校の授業につながることもあれば、大学ではなかなか知りえないことなので追加的に勉強することもあります。そうした自発的勉強意欲の向上について著書では述べているのではないでしょうか。それとあとから述べられる必ず振り返る云々は議論の軸がそもそも違うのだと思います。

>何が言いたいのかと言うと、学生レベルの知識・考えで、社会の意識を高めて「将来のため」となると大学の勉強なんて意味がない、無駄という思考回路に達してしまうのである。大学では、社会・経済のシステムの中では一見無駄に見えることをやれるところなのである。僕は優秀な人というのはそういう人だと思っている。

ただ、将来などを考えるなかで得た興味や勉強意欲を「じゃあこの業界や領域ではどうなんだろう」という具合に様々な領域へ広げる疑問意識などが欠けていたり(このことが無駄な勉強という意識の基礎ではないか?)、その意欲に対して現状の大学の授業のあり方が退屈だといったことなど、様々問題があるのは間違いなく、だからこそ上記のような学生や教授が現れるのではないでしょうか。
一見無駄なことを研究したり学んだりすることが出来る場が大学という見方は間違いではないと思います。それをふまえて考えると、大学がもっと企業などの社会との接点を持つように努力するべきだといった主張には賛成しかねます。しかし、将来や就職のことを早めに考えることが、無駄と考えられやすい勉強を切り捨ててしまうといった回路に直接結びつくものではないと思いますし、そう考えることを大学が促すことも必要な事だと思います。

| ryucbc1023 | 2010/01/29 16:35 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

onaneetさん

前半部分はおっしゃる通りです。
だから大学院を卒業してから就職活動が開始されればいいんじゃない?という主張をしました

後半部分は参考になりますね。日本人が語学力をしっかりつけたら最強じゃないかと思いました。高校の時点では多くの人が世界に比べて優秀ですからね。

| ハナ | 2010/01/29 17:24 | URL |

Re: タイトルなし

ryucbc1023

詳しくコメントどうもです。後半部分は賛同して頂きありがとうございます。
就職活動を始めて気づくっていうのは本来あるべき姿ではないと思います。おっしゃる通り大学がもう少し気づきを与えられなきゃいけないっすね。


後半の主張ですが、結局何が言いたいのかよくわかりませんでした。

僕の理解力不足かもしれません。要するに「大学がちゃんと教育すれば就活しても大学の勉強が無駄とは感じないから、別に就活の早期化はいいんじゃない。そして大学は別に社会との接点を持つ必要はない。」ということですか?

そのシステムではうまく回る気がしないのですが…

| ハナ | 2010/01/29 17:48 | URL |

ありがとうございます

ご紹介ありがとうございます。また議論を起こしていただきありがとうございます。このような議論を通じてよりよい社会を創るヒントにしていきたいと思います。今度ともよろしくお願いいたします。

| 佐藤孝治 | 2010/01/29 18:29 | URL |

Re;

ハナさん

文章の推敲をあまりしてなかったので見苦しい文章になってしまったことをお詫びします。すいません。
僕の主張は、「大学の一見将来したいことなどと関連しなそうな勉強を学生が無駄だと考えることの原因は、就職や将来を考えることの早期化ではない。」ということです。
最後のところでおそらく混乱を生んでいるのだと思いますが、

>要するに「大学がちゃんと教育すれば就活しても大学の勉強が無駄とは感じないから、別に就活の早期化はいいんじゃない。そして大学は別に社会との接点を持つ必要はない。」ということですか?

まず大学の勉強を無駄と思うことは、将来や就職への意識の早期化ではなく、学生の広い疑問意識の欠如や学校側に意識を投げかける教育体制の欠如が原因だと思います。大学の教育はその問題を解決する手段の一つです。
そして後半、社会との接点という言い方がものすごくあいまいだったのですが、就職や将来について考えることが早くなることで、大学側がそれにあわせて企業とコラボした授業やゼミに傾倒したり、就職に関して企業などと早期にコンタクトを取るような活動に走ることが考えられます。つまり、大学側が大学としての的をはずして、無駄と思われがちな勉強を一層無駄と思われる流れにしてしまいかねないということです。そうした行動を先ほどまとめて社会との接点を持つ努力としてしまいました。そういう努力を大学側がする必要が無いということです。あくまで学生が自主的に考え行動するようにすることで、大学と企業は学生の扱いや立場において距離を置くべきと思います。

補足すると、現状の早期化した新卒一括の「就職活動」だと、上の教授のような話や大学院生が出てくる状況になっているので、著書の主張のように一括でないゆるやかな形になることで、大学院へ行く人がそれ以前によく考えることで洗練され、より研究をきちんとする目的のひとが増えるかと考えます。ただ一方で大学時代に考えなかった人が流れる可能性も有るので一概に効果があるとも言いがたいです。ただそこは就職のあり方で踏み入る問題とは違うものになると思います。

| ryucbc1023 | 2010/01/29 19:53 | URL | ≫ EDIT

Re: ありがとうございます

>佐藤孝治様

コメントありがとうございます。現時点での僕の考えを偉そうにも述べさせてもらいました。
こうやって議論が起こることが役立てばと思います。

| ハナ | 2010/02/02 02:45 | URL |

Re: Re;

>ryucbc1023 さん

わざわざ分かりやすくありがとうございます。

> 僕の主張は、「大学の一見将来したいことなどと関連しなそうな勉強を学生が無駄だと考えることの原因は、就職や将来を考えることの早期化ではない。」ということです。

では原因は何でしょうか?
僕もこれだけが原因ではないと思いますが、原因の一端だとは思っています。将来役に立たないことをやって何になると、よく学生が言うじゃないすか。

>
> まず大学の勉強を無駄と思うことは、将来や就職への意識の早期化ではなく、学生の広い疑問意識の欠如や学校側に意識を投げかける教育体制の欠如が原因だと思います。大学の教育はその問題を解決する手段の一つです。

はい、仰る通りです。

> 大学側がそれにあわせて企業とコラボした授業やゼミに傾倒したり、就職に関して企業などと早期にコンタクトを取るような活動に走ることが考えられます。

僕は文系のことはよく分かりませんが、理系では企業の研究者招いて授業したり、講演会・懇親会したり、夏休みに企業の工場で長期インターンして単位が認定されるみたいな制度があって、それ自体何ら問題ない・むしろもっとやるべきだと感じます。

それと大学側がコンタクトを取らずとも、ボスに企業側から沢山コンタクトは来ているようです。

> ただ一方で大学時代に考えなかった人が流れる可能性も有るので一概に効果があるとも言いがたいです。ただそこは就職のあり方で踏み入る問題とは違うものになると思います。

今のシステムでもよく考えずに大学院に行く人は沢山いますよ。僕もその一人です。

| ハナ | 2010/02/02 02:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/151-1f8d41c5

TRACKBACK

「廃止論」をブログで取り上げていただきありがとうございます

拙著「&lt;就活&gt;廃止論 会社に頼れない時代の仕事選び」が発売されてから2週間。 お読み頂いた方のブログで書評を書いてくださっています。 皆さんと議論をして次世代に繋がる具...

| 〈就活〉廃止論 会社に頼れない時代の仕事選び 公式ブログ | 2010/01/29 18:29 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。