Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

なぜ就活生はリクルートスーツを着るのか?

就活をしてて思うのが、「自由な服装でお越し下さい」ってわざわざ書いてあるセミナーや会社説明会であっても、就活生の大半がスーツを着る。

そしてもれなくリクルートスーツと呼ばれる、真っ黒のスーツと真っ黒な鞄である。

海外の人から見たら、信じられない光景に映るだろう。




なぜ頑にリクルートスーツを着るのか?

正直に言うと、僕は服装なんてどうでもいいと思っている。最低限失礼のないような格好ならば、そんなもん個人の自由だ。他人に不快感を与えるような格好でなければ、別に何を着てもいいじゃん、とか思う。

最近国母さんの服装の問題がやり玉に上がっていますね。批判する人が多いけど、俺はそんなに批判は出来ない。
だって自分が中学高校時代に、制服をきちんと着ていなかったから。ホックだって外したし、セーターも学校指定のものを着なかったし、着くずしていたから。なんで皆と同じ決まりきった格好させられなきゃいけないんだ、とか言ってたし。

ただ、オリンピックの舞台で、あーゆー格好で、記者会見でうるせーなとか言うのはスポーツ選手として個人的には嫌い。けれども、それで強制送還云々言っている人の気持ちは理解出来ない。

この問題に関してはホリエモンが面白い記事を書いているのでこちらを読んでほしい。
服装原理主義
結構服装原理主義者が多くてびっくり。


ちょっと話がずれてしまったが、要するに中学高校と皆と同じ格好をさせられてきた日本人はやっぱり服装に関しては過剰な反応をするのかなと。

就活はリクルートスーツと言われたら、中学高校で言う制服のようなものなんだろう。

別に中学高校と違ってビジネスの世界ではスーツなら真っ黒なものでなくても全く相手に失礼にあたらないし、もしかするとスーツでなくてフォーマルな私服であっても、それを気にする人って意外と少ないんじゃないかと思う。

(事実、スーツではなくフォーマルな普段着でシュウカツをして、外コンとか日系の有名な会社から内定を貰った人も知っている)

要するに最低限の相手のニーズに合わせた格好をすればいいんじゃないかってこと。



服装は自由と書いてあることの意図

次に企業がわざわざ服装は自由だと書いてあることの意図を考えてみたいと思う。大きく分けて2つの意図があるように思う。

1、スーツではなく私服で着てもらうことで、その人にリラックスしてもらい、且つその人の雰囲気を知る
2、自由と書いてあっても空気が読めるか?(つまりスーツを着てくるか)を試している

僕としては絶対に1じゃないかと思ったんだけど、2の方が合理的だと言っている友人がいるから実際のところ分からない。

というか就活生の9割以上がスーツを着ることから考えると、やっぱ2だと思っている人が多いのかな。それとも考えるのが面倒だからスーツなら無難だしいいやとか思っているのか。

服装自由って書いてあって、その日の天気が雨でもスーツを着ていることから、やっぱ2だと思ってるのかな。

是非このブログを読まれている人事や関係者から聞きたいものである。笑




結局大事なのは、着飾った自分ではなく本当の自分

服装云々って書いてきましたが、結局言いたいのはこれです。自戒を込めて。

大企業や有名企業から複数内定を貰った人をすごいなと言ったり、若くして重要なポジションについている人に対して一流って言ったり。

日常生活を振り返ると、結構他人のスペックに惑わされている自分がいる。


けれども、本当に凄いのはその人が何を考え、どういう行動してその果実を得たかその過程である。これを見落として賞賛しても何も得るものはないのだ。

これを書いてて思ったけど、きっと面接官も同じような思いがあるのだろうな。だから面接でも「結果よりも過程」が聞かれるんだろう。
スポンサーサイト

| 就職活動 | 19:54 | comments:2| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - なぜ就活生はリクルートスーツを着るのか?

COMMENT

服装やマナーって相対的な面もあると思います。まわりがリクルートスーツを着ている中で、一人だけ違ったスーツを着ていたら、絶対的には失礼に当たらなくても印象としてよくは思われない。そこに合理性なんてないのかなって。人事から見れば浮いている人はただ不快。どんなに合理的な理由があっても、それが日本の就職活動なんですね。
就活って何なんですかね?OB訪問は選考に関係ないと言いつつ、評価対象になっている企業もあります。もちろん、やる気などを見る定性的な材料ではあるんだけど、やる気は他のアピールの仕方もあるはずなのに、OB訪問の有無や回数など定量的なものとして捉えるのはなぜなのだろう?インターンも然り。
大事なことは、インターンやOB訪問の有無じゃなくて、そこから何を感じどう生かせるかじゃないのかなって思います。

| ねじ | 2010/02/19 16:20 | URL | ≫ EDIT

ねじさん

コメントどうもありがとうございます。

>まわりがリクルートスーツを着ている中で、一人だけ違ったスーツを着ていたら、絶対的には失礼に当たらなくても印象としてよくは思われない。

確かにおっしゃる通りかもしれませんが、友人らに聞いたところ意外と大丈夫なようですよ。スーツの中私服だったらダメですけどね。笑

結局は一緒に働きたいかどうかを学生と向こうが相互に評価するような場なので、別にOB訪問が専攻になっていてもインターンが選考になっていてもいいと思います。

定量的なもので捉えるのはいかがなものだと思いますが、それだけ真剣に時間を割いたことは一定の評価を与えてもいいのかなと思います。

>そこから何を感じどう生かせるかじゃないのかなって思います。
これはまさにおっしゃるとおりですね。

| ハナ | 2010/02/22 17:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/158-ddff4ef5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。