Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

理系の研究室の問題について徒然と書いてみる

こないだある経営者に会って話す機会があった。研究内容を聞かれて、「アルツハイマーとかのタンパク質に関する基礎的な研究やってます」とか言うと、「なんでその研究してるの?」と聞かれた。

「正直なところ面白いから」と答えたら、「アルツハイマーを本気でなんとかしたいと思っている人は世界に沢山いるよ」的なことを言われて、自分の純粋な興味関心だけで潤沢な資金を使って研究していることになんだか疑問を感じて、それは未だに解決していない。



正直なところ、彼にこの質問をされるまでは、大きな成果はあんまないけど曲がりなりにも学会で発表してきて、別にこんなもんでいいとか思っていた。けれども自分に蓋をしていた部分に気がついてしまったような感じだった。

研究に対する情熱はない。

結局のところ中途半端な感じで大学院に来てしまった。まぁ入ったからにはきちんと研究してお世話になったラボに良いものを残して卒業したいとは思うけど。

就職もなんだか中途半端だった気がする。別に後悔はしていないし、現時点ではあの会社で働かせてくれることに感謝すらしているけど、結局狭い視点しか持ち得なかった。

良くも悪くも、理系の特に実験系の研究室は平日は朝から晩までというのが一般的で、「シュウカツ?そんなもんさっさと終わらせて研究しろよ。」的なオーラが満載だ。

別にうちのラボはそういうのはあまりないんだけど、他の、特に生物系のウェットなラボだとその傾向が強い。しんどそうだ。

もちろん院生の本分は研究だし、きちんと研究をやる覚悟、研究者になる覚悟がないままモラトリアムの延長で大学院に入っている問題もある。僕も問題のうちの一人だ。

けども日本の悪しき新卒至上主義は、研究に没頭する2年間を中々許してくれない。結局はかなり早い時期で就職するかドクターに行くかを選択しなければならず、就職を選択するとどうしても研究にさける時間は少なくなるし、それ以上にモチベーションの維持も結構難しい。


そもそも研究室自体の生産性にも問題がある。

今日とあるプロジェクトの関係で、東大でPhD取ってマッキンゼーで働いた後京大でプロジェクトマネジメントしている方とディスカッションしたんだけど、「会社入ると分かるだろうけど、大学のラボの生産性って時間に比べて本当に低いよ」って言ってたし、大学でPhD取った人で同様のことを言う人は実は結構いる。

うちのラボも悪いけど、スタッフが少な過ぎて手が回っていない状態で、研究も実はあんま進んでいないものが多い。


学生側に原因がある。これは間違いない。けれども少しは大学側にも問題はある。

むやみに大学院の単位数増やして、生徒に負担のかかる授業をやらせて、就活がこんなんで皆結構苦労して、その合間に実験して結果出しなさいっていうのはなかなかに皆しんどそうだ。

日本人を苦しめる「仕事は家族より優先」という異常な発想
http://d.hatena.ne.jp/elm200/20100426/1272289840

このブログでもそうだけど、10時から18時でラボにいて、そんでもって成果を出す方法をもっと考えるべきなんじゃないかと思ってきた。自分はまだ成果もなんも出していないからこんなことは今のラボで言うことは出来ないけど、もっと個人として自由な時間に色んな活動してもいい気がするんだよな。自由こそが学生の特権であって、社会人が持ち得ないものなんだから。

良くも悪くも就職活動がきっかけで外の世界に背を向けたら、色々な人がいて色々なことが見えた。自分のよくないとこも嫌というほど分かったし、すげーとか思えるヤツにも沢山会った。

教育っていう観点からすると、学生時代は1つのことに打ち込んでもいいし、別に色んなことに手を付けてもいいし、どっちも正解にするべきだと思う。

けどどっちかって言うと、今の理系のラボは前者を賞賛して後者の人を嫌う傾向にある気がする。学生もスタッフもコアタイム中に成果を出せる工夫をする。そんでそれ以外の時間も実験したければしてもいいし、何か別のことをしたっていい。

そんな風土があるべき姿なんじゃないかなぁと最近思う。

なんの記事で読んだか忘れたけど、アメリカにはそこそこの労働時間でネイチャーサイエンス級のジャーナルに論文を書きまくっているラボがあるらしく、そのラボはコンサルとか投資銀行とかを経験した人がマネジメントしているらしい。

残念ながら日本でも聞いたことはないな。




まぁ結局のところ僕は何も考えずに大学院に来るのはあまり良くないかと思う。

院に入る意味はしっかりと見いだした方がいいですよ、後輩の皆さん。
スポンサーサイト

| ニュース/コラム/思考 | 02:56 | comments:10| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 理系の研究室の問題について徒然と書いてみる

COMMENT

私も大学院生なのですが(地方の公立大学ですが)、この記事にすごく共感しました。

なんかだらだらと夜遅くまで研究室にいる人が偉いとか、やることやって早く帰るとなんか白い目で見られたりとか…いつもおかしいなと感じていました。
生産性を意識するってとても大切ですよね。時間は有限ですし(特に若いころの時間は重要)。

あとホントなんとなく院生になるのは良くないですねw
私も研究に対するモチベーションを維持するのが困難です^^;

| mizuto | 2010/05/18 08:53 | URL | ≫ EDIT

「おもしろいから研究してる」で通ると思っていた自分が恥ずかしいですorz
まだ大学院に入ってませんが、今からじっくり考えたいとおもいます。

"学生もスタッフもコアタイム中に成果を出せる工夫をする"
今は研究室滞留時間主義の先輩が多くてできませんが、
未来のために考えようと思いました。
まぁ、まずは指導者がその意識を持たなければならない、
と思うのですが、それが一番むずかしい…。


話それますが、
『アルツハイマーとかのタンパク質に関する基礎的な研究』
のタンパク質というのは、アミロイド線維のことでしょうか?

| jass | 2010/05/18 21:50 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/05/23 18:13 | |

Re: タイトルなし

mizuto さん

> なんかだらだらと夜遅くまで研究室にいる人が偉いとか、やることやって早く帰るとなんか白い目で見られたりとか…いつもおかしいなと感じていました。
そうなんですよね、まぁそこは割り切ってしっかり結果を出して堂々と早く帰りたいとは思っています。

> あとホントなんとなく院生になるのは良くないですねw
> 私も研究に対するモチベーションを維持するのが困難です^^;
その通りです、純粋に研究が面白いと思えば良いのですが、世の中には面白いことは他にも沢山ありますからね。難しいですよねぇ。

| ハナ | 2010/05/24 03:02 | URL |

Re: タイトルなし

jass さん

> 「おもしろいから研究してる」で通ると思っていた自分が恥ずかしいですorz
これでもいいと思いますよ!
ただ、なぜ自分が面白さを感じているのか、外の世界にはそれがないのか、などは考えてもいいと思います。

是非生産性は考えて欲しいと思います。

> 話それますが、
> 『アルツハイマーとかのタンパク質に関する基礎的な研究』
> のタンパク質というのは、アミロイド線維のことでしょうか?
まさにその通りですね。少し詳しく話すと、アミロイド繊維になりうるペプチドをクローニングして物性を調べたりしています。

| ハナ | 2010/05/24 03:04 | URL |

Re: こんにちは

koalaさん

長い付き合いのようですね、どうもありがとうございます。

僕は就職活動をきっかけに様々な縁に恵まれました。
特に「GOOD FIND」というサイトにお世話になり、ここ経由で様々な経営者の方とお話をさせていだく機会があります。参考までにどうぞ!
http://www.goodfind.jp/

| ハナ | 2010/05/24 03:06 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/05/24 22:58 | |

はじめまして。
今回の記事とはすこしずれてしまうかもしれませんが,質問したいことがあります。
僕は今年東大を受けて不合格になってしまいました。
いまは第二志望だった慶應大学に通っています。
ただ,いまさらかもしれませんが,大学を休学してもう一度東大にチャレンジしようか迷っています。
東大にはそうするほどの価値があるのでしょうか?
また,僕はもし東大を受けなおさなかった場合,大学院で東大に行きたいと思っているのですが,学部からの東大生にとって外部の学生はどう映るのでしょうか?
できれば正直な意見が聞きたいです。
厚かましいですが,答えていただいたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

| SSSK | 2010/06/05 16:37 | URL | ≫ EDIT

Re: 返信ありがとうございます

koalaさん
是非、頑張ってください!

| ハナ | 2010/06/07 00:35 | URL |

Re: タイトルなし

SSSK さん

> ただ,いまさらかもしれませんが,大学を休学してもう一度東大にチャレンジしようか迷っています。
> 東大にはそうするほどの価値があるのでしょうか?

僕個人の意見を言わせてもらいます。
もしSSSK さんが何かやりたいことがあり、それが東大でしか出来ないのならばその価値はあると思いますが、そうでなければそこまでの価値はありません。
どうしてもというのなら大学院で十分です。

> また,僕はもし東大を受けなおさなかった場合,大学院で東大に行きたいと思っているのですが,学部からの東大生にとって外部の学生はどう映るのでしょうか?
> できれば正直な意見が聞きたいです。
人によっては学歴ロンダだと言う人も(主にネット上に)いますが、大半は別に普通の学生と同じ扱いですよ。大学院になると社会人の人も留学生もいるので、別にどうってことないですよ。正直にそうだと思います。

| ハナ | 2010/06/07 00:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/176-6b227404

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。