Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

2012就活生に読んでもらいたい記事②


以前、2012就活生に読んでもらいたい記事①というエントリを書きましたが、追加でいくつか良記事を紹介したいと思います。





【生き方、自己の内面に深く影響を与える記事】

「生き方、考え方を変えなきゃな。」と考えさせられた4つのグラフ ー人と組織と、fukui's blog
データを示して非常に論理的に現在の雇用形態、社会情勢をまとめたエントリ。これからの時代に即した生き方を考えさせられるエントリ。

黙っていても雇用は不安定になり、成長企業ほど利益の創出に力をいれ、株主に還元するようになる




なぜ、「働く」とこと「内面」がここまで結び付けられるのか? ー腐フェミニスト日記
就職活動のために内面を統制していく、入りたい会社の求める人材の要件を満たそうとして自己を歪めて出来上がった自己は、本当の自己ではないと僕は思っています。

「合格する」ことに向かって、内面を企業のために統制していく。
内定本や自己啓発本に打ちのめされる私たちは「啓発されたがる自己」を信用してはいけない。
啓発されたがる自己=ある特定の集団に過剰適応を要請されている自己だからだ。



あなたの性格は直らない。直す必要が無い。 ーくろいぬの矛盾メモ

いわゆる、性格≒「行動の特性や基本方針」というのは、あくまでも人生における目的達成のための「手段の選び方の傾向」でしかなくて、結果にはあまり関係無い。



性格は治す必要は無く、その性格に適したプロセスを構築するのが最も賢いやり方なのである。例えば、コツコツやるのが苦手なタイプは締め切りを無理矢理設定して、短期間に一気に終わらせてしまう方法を考える方が、毎日コツコツやる仕組みを無理矢理構築するよりも良いのである。

孫正義、【志】を語る。
これは無条件に必読の記事です。是非読んでください。


【外資系企業、コンサル、金融志望者向け】

哲学博士志望が金融マンになってから
これは非常に極端な例ですが、こういうことは実際に起こりうることです。金融志望の方は一度読んでみることをお勧めします。

コンサル業界の栄枯盛衰
昨今のコンサル業界の現状に関してまとまっています。コンサル業界はどこも縮小傾向にあり、しんどくなっています。Why コンサルをしっかり考える上では有用な記事です。

ではコンサル不要論か?というと、そうではないと思います。「外部の第三者である」ということは変わらぬvalueです。また「頭脳を貸す」というのも変わらぬvalue。このあたりをしっかりと意識しないと、今後のコンサル業は成り立たないのかなぁと思ったりしています




コンサルタントの業務量と給料
もう1点追加で、コンサルの業務量と給料の記事を。コンサルは激務で有名ですが、体力面ももちろんですが、精神面にも相当の負荷がかかると思います。


現役コンサル社長の考えが面白すぎた件について ー文字の洪水に溺れながら
CDI(株式会社コーポレートディレクション)の代表者である石井光太郎氏の講演をまとめた良エントリ。下記のセリフは衝撃的。

「中途採用での最終面接のときにもし配偶者がいたら、これを確認してきてくれっていうんです、でokだったら採用します。これっていうのは、僕は明日からイラク戦争の真ん中に派遣されることになったから3年ぐらいまともに落ち着いて会話もできないかもしれないし、命の危険にさらされるかもしれない。それでもいいか?という事です。いや、本当にこれぐらいじゃないとコンサル業界を続けれないんですよ」




外資系に入ることがクールとか思ってる人は今すぐに認識を改めた方がいい
最後に手前味噌ですが、僕が以前書いたエントリを。賛否両論ありますが、思ったよりも反響が大きかったので、紹介しておきます。


経験≠強いコンサルタント
現役のコンサルの方が書いているブログ。新卒で入って果たして価値があるのか?という疑問は常にコンサル志望者の中にはつきまとっていると思います。その疑問には下記のように明確に答えています。

業界経験を価値として提供するのではなく、各個人に蓄積された暗黙知に近いコンサルティングのノウハウやスキルをもとに価値を提供するビジネス



スポンサーサイト

| 就職活動 | 18:26 | comments:2| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 2012就活生に読んでもらいたい記事②

COMMENT

いやこれアメリカの事例なんで、日本と大きく雇用慣行も状況も違うと思うのですが。こんなの見て喜んでること自体、社会について何もわかってない証拠かと。「ブランド志向に走るな発言の根拠は薄かったのだな、とがっかりしました。ttp://slogan.livedoor.biz/archives/52548439.html

| え? | 2010/08/27 23:04 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

え?さん

もの凄く勘違いされていて残念なのですが、僕はアメリカの事例だけでブランド志向に走るなというロジックを作った覚えはありませんし、そしてこの記事をこれ見て喜んでるわけでもありません。

適当なあなたの思い込みでコメントせずによく僕のブログの記事を読んでいただければと思います。
http://chaperone.blog36.fc2.com/blog-entry-187.html

そしてもっというと、ブランド志向に走るなというメッセージは学生に発しているため、今の日本の雇用環境の話だけではなく今後どうなっていくかという話が必要だと思っています。

| ハナ | 2010/08/28 01:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/181-29504767

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。