Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

「世の中の大半の就活生がしている誤解と身も蓋もない社会の真実」で伝えたかったこと

先日書いた記事「世の中の大半の就活生がしている誤解と身も蓋もない社会の真実」に関して、社会での経験が長い方からその実態ということで解説をいただきました。

【実態解説①】 http://job-hunt.ray2growth.com/archives/499
【実態解説②】 http://job-hunt.ray2growth.com/archives/503
【実態解説③】 http://job-hunt.ray2growth.com/archives/510

また、ニートさんからのコメントも非常に参考になると思います。

どちらも、ありがたいことです。心から感謝致します。

ただ、少し僕の意図と異なるところもあるので、箇条書きではなくいくつかはきちんと書いてみます


・ビジネスは幾千の犠牲に成り立っているのは当たり前?

【実態解説】の記事にはこう書いてあります。

企業は競合他社と競争しています。いえ、戦争と言ってもいいくらいです。「戦略」という言葉からもイメージできますよね。(中略)銀行員になる学生なら、企業に「もう融資は出来ません」という一言が、その会社を殺し、場合によっては社長はじめ社員、その家族の生活、最悪の場合命すら奪ってしまう。
(中略) 
その「覚悟」を持って社会に出て欲しい。働くということを今一度考えて欲しい。




違う、僕が言いたかったのはこんなことじゃないんだ。

僕が言いたかったのは、

「数多くの犠牲の上において成り立っているビジネスが、果たしてその犠牲を払ってまで存在する価値があるのかどうか」

ということなんだ。数多くの犠牲の上に成り立っているビジネスが、その犠牲以上の価値を生み出していなければそれが存在する価値はないんだよ。

何も考えずに、その会社のソルジャーとなって働ける人は別にそれでいいと思う。
けれども、社会に対してそれ以外の何かを求めるなら、その犠牲に見合う価値があるかを常に問い続けないといけないんだ。そうじゃないと他人の生活・他人の命を奪う覚悟なんて、出来るわけはないんだよ。


ただ、それ以上の価値を生み出しているか、を判断するのはとても難しい。正義の反対はもうひとつの正義であって、唯一絶対の真実があるわけでもない。銀行がやってることがダメだとなんていうつもりはないし、究極的には何をもって価値とするかは難しい。


大事なのは、自分の中にある道徳律に照らし合わせて、納得できるかどうかなんだ。


自分の一言が相手の会社をつぶす、社員の生活を奪う、けれども社会として、自分が属している会社のためにそれをやらなきゃいけない、そこを納得できるかどうかにかかっている。納得するためには、その犠牲以上の価値を生み出していると心の底から思えなければならない。

妥協できることろと決して妥協できないところ、その軸を引かなきゃいけないってことだ。僕が言いたかったのはそういうこと。



・研修によって真に価値あるスキルは身につかない


「日本で最も人材を育成する会社」のテキストで酒井穣氏が書いているように、実績を挙げたビジネスマンは、決して研修によってその成果が上がっているわけではないのだ。

価値あるスキルは、誰もが経験したことのないことをいち早く経験することで身に付くものだ。

研修が無駄だと言っているのではなく、研修によって身につけたスキルじゃ差別化するのは難しいよ、希少な経験をさせてくれる会社ほど成長できる可能性は高いよ、ということがメッセージです。

(もちろんにーとさんの言うように、涙が出るくらい良い会社も一杯あると思うし、そういう会社はそれ自体が差別化されているので、個人レベルで敢えて差別化するスキルを身につけなくても良いかもしれません。)

要するに個人の成長の観点だったら、研修や制度が整っているほど良いのは誤りで、いかに希少価値のある経験をさせてくれるかにかかっているよ、ということが言いたかったわけです。


「絶対」は思考停止ワードではない

もちろん世の中には絶対的なことはないし、ほとんど全てのことはケースバイケースであって、もっと言うと個別の問題そのものが唯一の事象であったりする。

じゃあなんで断定的な表現を使うのか、曖昧な表現では往々にしてメッセージは伝わらないからだ。

コミュニケーション力があれば教えてくれる、というは耳障りはいいけどなんら具体的な解決案にはなっていない。

もちろん僕だって、OBが100%会社にとって都合の悪いことを言わないとはさすがに思ってない。けれども、コミュニケーション云々で、初対面の社会人に圧倒的に弱い立場の学生が会社にとって都合の悪いことを引き出せるとも思っていない。

コミュニケーション力を磨いて聞き出しましょうということが言いたいわけではなく、


OB訪問で聞く情報は一度は疑ってかかった方が良いよ

というのがこの一言に込められたメッセージ。



取り急ぎは以上です。
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 17:50 | comments:1| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 「世の中の大半の就活生がしている誤解と身も蓋もない社会の真実」で伝えたかったこと

COMMENT

>「数多くの犠牲の上において成り立っているビジネスが、果たしてその犠牲を払ってまで存在する価値があるのかどうか」

前回と重なるけど、おいらはないと思います。オレオレ詐欺が悪いのに、それを大規模にしてイメージをクリーンにすると正当化されるというのはおかしいでしょう。ソルジャーになって善悪を判断しないで働いたとしても、世間体のいいオレオレ詐欺の引き出し役でしょう。ポイントは世間体というところで、ほとんどの人は世間体さえよければ仕事の内容は気にしないでしょう。それこそ戦争だってOKです。

おいらは日本人の悪いところに社会的責任の感覚がないことがあると思っています。立派なオフィスビルに居を構えているくせに法人税を払っていない企業もたくさんあります。節税って感覚なのかも知れないけど、自分たちの共同体がよければ他がどうなっても知らないという感覚があります。社会的責任を負う発想がないから、自らの業務が社会に貢献しているかを意識しないし税金は払わないし、ブラック化しても気にしない。小さな全体主義ですね。

道徳律というのも難しいもので、日本人であると同時にA社の社員で、国益とA社の利益が相反するとき、会社と自分の利益が背反するとき、どっちの利益を重視するのが正しいかということです。多くの場合は会社を重視するのが正しいと考えられているようです。


>研修や制度が整っているほど良いのは誤りで、いかに希少価値のある経験をさせてくれるかにかかっているよ

これは車輪の両輪でしょう、どちらか片方が欠けていては意味がないものです。研修を過小評価するのは教育の否定です。昔は日本もヨーロッパもギルド制がありました。仕事は名人の技を見て盗め、実践の中で技を磨けというものです。これで上手く行く人もいましたが、それは才能のある一部の人だけでした。やはり学校制度はなんだかんだ言って人類の叡智の結晶なのです。会社でも同様で、ろくでもない研修プログラムしかない会社で、いきなり実践に放り込まれた場合、才覚のある一部の人しか実績を挙げることができず、全体としてはあんまりろくなことになりません。また自分が平凡な人間であるのなら、混乱の中で課題だけが次々降ってくる状況ですからろくなスキルは付かないでしょう。バッドノウハウの蓄積になる場合もあります。というか、多くのデスマーチに悩まされている会社はバッドノウハウだけ蓄積した結果です。口癖が「理屈はそうかも知れないけど現場はそうなっていないんだ」って人は案外多いと思いませんか?

補足しておくと研修はすればいいってものではありません。民間企業の研修には意味不明なものもたくさんあり、単に研修業者を儲けさせているだけのものもあります。真っ暗闇でパズルを作れとか、何か意図があるのでしょうがもっとマシなことをやったほうがいいんじゃないの?ってものもあります。全ての業種に適合するものではないけれど、PCスキルは徹底的に鍛えた方がいいと思っています。多くの職場で本当に非効率なPCの使い方を平気でしていて、大きく業務効率を落としています。あとは米国のまともなMPAプログラム。資料の読み方、情報の探し方、ネゴシエーション術など。基礎を知らずに実践の中で我流で身につけたものでは効率が悪いです。

他にもこうしたベーシックスキルを徹底的に叩き込んだ上で、希少価値のある経験をさせてくれるところに行けば平凡な人でもかなり仕事ができるようになるでしょう。どちらか一方が欠けてはダメですが、日本の場合は研修が欠けている場合がかなり多いと思います。というかバッドノウハウを重視して、教育を軽視する傾向にあります。

一言居士ですんません。

| にーと | 2010/10/23 18:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/195-37ccd3ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。