Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

「自己分析をして適職を探せ」というキャリア教育の誤解


僕が常々感じていてうまく言語化出来ていない部分に関して、とても良くまとめて書いてあり、更に自分が気がつかなかった視点も含蓄する本と出会いました。それはこちら。


街場のメディア論 (光文社新書)街場のメディア論 (光文社新書)
(2010/08/17)
内田 樹

商品詳細を見る


メモも兼ねて要点を抽出してみます。




適性や潜在能力は元々備わっているものではない


皆さんの中にもともと備わっている適性とか潜在能力があって、それにジャストフィットをする職業を探す、という順番ではないんです。そうではなくて、まずは仕事をする。仕事をしているうちに、自分の中にどんな適性や潜在能力があったのかが、だんだん分かってくる。そういうことの順序なんです。



もし僕が大学3年生で就活をしていたら、どんなに自己分析したって大したものは出てこなかっただろうし、自分にどんな適性があるかなんて全くもって分からなかった。

院に入って、研究室での仕事や大学の体育会で4年間やりきった経験を客観視することが出来て始めて、少しずつ自分の適性やら能力がほんの少しだけ分かってきた。

僕の経験を踏まえて、この意見には完全に同意する。


他者からの要請によって、潜在能力は選択的に開花する


与えられた条件のもとで最高のパフォーマンスを発揮するように、自分自身の潜在能力を選択的に開花させること。それがキャリア教育の目指す目標だと僕は考えています。この「選択的」ということろがミソなんです。「あなたの中に眠っているこれこれの能力を掘り起こして、開発して下さい」というふうに仕事の方がリクエストしてくれるんです。「私にはこれこれが出来ます」とアピールするんじゃない。今しなければならない仕事に合わせて、自分の能力を選択的に開発するんです。



人には結構色々な潜在能力があって、開花するかどうかは強い要請があるかないかだと思う。外国語は必要に迫られればある程度話せるようになるという類の話と一緒。


潜在能力が爆発的に開花するのは、自分のためというよりは、むしろ自分に向って「この仕事をしてもらいたい」と懇請してくる他者の切迫だと言うことです。



人間の潜在能力は「他者からの懇請」によって効果的に開花するものであり、自己利益を追求するとどんどんうまく発動しないということです。



今日縁があって、ATカーニーの日本代表の梅澤さんの講演会を聞く機会があった。その中で(本論とは外れますが)、フランスのエリートには「ノブレスオブリージュ」、つまり個人の私服を肥やすためではなく、組織や国のために働くべきだという意識のある人間が多いと聞いた。

やりたいことを突き詰めるのも良いけれど、それは社会のためにやるべきことと一致した時にこそもの凄い潜在能力が開花されるのだと思う。



じゃあ、仕事を能動的に選択する意味はあるのか?

以上の議論をまとめると、「適職なんて最初からなくて、他者からの要請で仕事を任せられてそれに取り組むうちに潜在能力が開花していく」ということだと思います。

だったら、最初はどんな仕事をしても良いだろうし、与えられたことを必死にやれば良いわけであって、仕事を選択する意味はないんじゃないか?という結論になるかもしれません。

僕の答えは、はっきり言ってNoです。いくら受動的に仕事をすることで潜在能力を開花されようとも、仕事(厳密には仕事環境)を能動的に選択する必要があると考えます。

その理由に関しては長くなるので次のエントリで。

スポンサーサイト

| 就職活動 | 03:21 | comments:3| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 「自己分析をして適職を探せ」というキャリア教育の誤解

COMMENT

自分の意見としては能動的に仕事を選択しないと能力の開花自体が難しいものになるのではないかと思います。スポーツのコーチングではないですが、人は子供のような自由きままな主体的発想をもった時にこそパフォーマンスを発揮できる。ベストな選択は無理にしてもベストに近くなるように見つめ直すよう努力をすることは必要なのではないかと思いました。

| | 2010/11/21 13:43 | URL |

就活は春に終わっているのですが、ブログ記事、楽しく読ませてもらってます。続き、気になります。

| ノト | 2010/11/22 04:17 | URL |

はじめまして。いつも勉強になるなと思いながら読ませてもらってます。
少し気になった点があるので、1つ。ご存知かもしれませんが、「自己分析」とは元リクルートの社員の方が転職市場の新規開拓のためにつくりだしたものです。従って「自己分析→適職」という考えが意図的に作られたものなので、それが絶対正しいなんてことはありません。メディアに躍らされているだけです。ちなみに元リクルートの方は今でも神様扱いだとか…笑

| たくま | 2010/11/28 20:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/196-738ac88e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。