Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

脳科学から見た新しい習慣の身に付け方

脳が教える! 1つの習慣脳が教える! 1つの習慣
(2008/07/05)
ロバート・マウラー

商品詳細を見る


またしても脳科学から見た習慣の身につけ方の本です。

監訳者はレバレッジ・リーディング等でお馴染みにの本田直之さんです。
(*レバレッジリーディングの書評→読書術①

新しい習慣を身につけたい方は↓をクリック




<目次>

プロローグ 始まりはすべて「小さな1歩」
第1章 「1つの習慣」だけでうまくいく理由
第2章 小さな質問をする
第3章 小さな思考を活用する
第4章 小さな行動を起こす
第5章 小さな問題を解決する
第6章 小さなごほうびを与える
第7章 小さな瞬間を察知する


<まとめ>

・始まりは全て小さな1歩が大事

もう、何を始めても長続きしないと嘆く必要はありません。ただ、脳の仕組みを知り、ごく当たり前どころか、ばかばかしく思える小さな1歩を実践していけば、どんな目標も叶うのです。(著者引用)


更に、UCLAのバスケのコーチであるジョン・ウドゥンからの引用

「毎日小さなことを改良していけば、やばて大きなことが起きる。毎日少しずつ体を調整すれば、やがて大きな改良が見られる。それは明日ではない。翌日すぐに起こるわけではない。だが、いずれ大きな進歩が訪れる。大きな改良を早急に期待してはいけない。日々、小さな改良なのだ。それが変化を起こす唯一の方法だ―こうして変化が起きれば、それは持続する」


大改革は成功すれば非常に良いが、たいていはうまくいかない。←脳が拒否反応を示す

よって革新よりも改善を繰り返し、やがて無意識化に落とし込んでから習慣化する

そのための6つの戦略

①小さな質問をする

・質問は脳を目覚めさせて、喜ばせる
  →新しいことに対する恐怖心を取り払うと同時に、新たなアイディアがうまれやすい。

例:「毎日、英語の勉強時間を確保するためにどんなことが出来るだろうか?」
  「健康が最優先事項なら、今日はこれまでとは違うどんなことをやってみようか?」
  「目標の達成に向けて私に出来る小さな1歩はなんだろう?」


・ポイントは同じ質問を繰り返して辛抱強くアイディアを待つこと。

②小さな思考を活用する

「マインド・スカルプチャー」というテクニック
 :実行するのをためらっている作業に対して、目をつむりそれを行っている様子を頭の中でより具体的にイメージする。(脳は実際に行っていることとイメージを区別できない。夢に見られるように。)

ポイントは、あらゆる感覚を動員して、「見る」だけではなく「聞く」「味わう」「においを嗅ぐ」「触れる」などの行為を実際にやっていると思い込み、さらには感情の起伏までイメージする。

③小さな行動を起こす

ポイントは挫折したくてもできないようなあえてばかばかしい小さな行動から始める」
→慣れてきたら徐々にハードルを上げる

運動の例
1日に1階分だけ階段を上がる。
テレビを見ながらハンドグリップを握る。..etc

④小さな問題を解決する。

小さなミスがやがて大きなミスを生む→企業の例

日々小さなミスに目を向けて改善していくことが大事。
→1日の終わりにその日にしてしまった小さなミスを振り返り、それが悪い事態を生み出すものではないか自分自身に問いかける。

⑤小さなご褒美を与える

小さな1歩を達成したら小さなご褒美を与える。決して豪華なものでなくて良い。

ポイントは
目標に適したご褒美であること。
・その人にふさわしいごほうびであること。
・お金がかからず、安価なものにすること。

⑥小さな瞬間を察知する。

人との関係は全て小さな瞬間の連続である。

高価なプレゼントを買うなど、決して大袈裟な行動は必要ない。

夫婦関係を例に取ると・・
・パートナーからの電話にうれしそうな声で答える
・歯医者の予約といったパートナーの予定を尋ねる。
・遅くかえる場合は遅くなると電話する。

つまり、相手の生活の些細な事柄にも興味を持つことが大事。

<実践>

いつも大きな目標を立てては実践できずに終わるという自分には、小さな1歩から始めるというのは非常にいい教訓になりました。

これは脳科学についても書かれていて、面白かった。

今実践してるのは↓
・毎日英語を1文でもいいから話す。(英語取得のため)
・スタバではショートを頼む(お金の節約)
・英語を話している自分をマインドスカルプチャー
・毎日「より良い生活を送るために出来る小さな1歩は何か?」と問いかける。
・毎日出来る限り小さな新しいことにチャレンジしてみる。(駅までの道順を変える、新しいカフェに行くとか)


<感想>

この本は非常に参考になりました。

読むまではあんま期待してなかったんですが、読んだらかなりヒットしました。

今度こそ新しい習慣を身につけたいって言う人には是非読んで貰いたいです。

冒頭にUCLAのバスケのコーチの名言がありましたが、自分もバスケをやっているんですごいしっくりきました。バスケは習慣のスポーツなので。人生も習慣によって大きく変わると思います。

あと、これと関連して石井裕之さんの「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~と読むのを強くオススメします。

この本では、新しい習慣がうまくいかない理由を潜在意識の現状維持メカニズムと捉え、潜在意識を知り活用して目標を達成していく方法について書かれています。

「千里の道も一歩から」というのは本当に示唆に富んだ諺なんですねぇ・・


最後に、非常に個人的なことですが、明日はバスケの引退試合っす。
10年間続けてきたガチバスケもいよいよ明日が最後っす。最高学年として、この1年は本当に色々ありました。チームとしてまとまること、勝つ難しさを学びました。明日は絶対に勝って終わりたい。


ここまで読んでいただいてありがとうございます♪
是非ともクリックよろしくお願いします↓





東大生ブログランキング


スポンサーサイト

| 自己管理 | 01:07 | comments:2| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 脳科学から見た新しい習慣の身に付け方

COMMENT

小さな心がけで毎日が豊かになりますね♪

あたしは小さなご褒美はよく自分にあげてます(o´∀`o)

バイトの日→好きなもの食べる
      帰りに本買う・・・・

ご褒美あげるほど頑張ってないかも・・・笑

| リコ | 2008/10/21 14:28 | URL |

>リコさん
小さな心がけって本当に大事ですよね!!

俺はおいしいもん食べるっていうごほう美をよく自分にあげてます!

リコさんそれはちょっとごほうびあげすぎじゃない??笑

| ハナ | 2008/10/23 10:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/20-82f14239

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。