Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

イシューからはじめよー知的生産の「シンプルな本質」が素晴らしすぎる件

少し前にツイッターでこちらのブログ記事「圧倒的に生産性の高い人(サイエンティスト)の研究スタイル」 を紹介したところ大変反響が大きく、また自分が読んでみてもなるほどとうなずける部分が多数あった。

よく見たらこの記事に関する書籍を出版されていたので、買って読んでみた。


イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
(2010/11/24)
安宅和人

商品詳細を見る


素晴らし過ぎて早くも2011年に読んだ本の圧倒的トップ候補。



ロジカルシンキングに関する本は巷に山ほどあるが、はっきり言ってそのどれもがしっくり来なかった。就活のGDなんかで得意げにフレームワークを使ったり物事を定義しようとしてくる学生に大しても、どうしても違和感が拭えなかった。

ちまたに「問題解決」や「思考法」をテーマとした本は溢れている。しかし、多くがツールやテクニックの紹介で、本乙に価値あるアウトプットを生み出すという視点で書かれたものは少ないように感じる。意味のあるアウトプットを一定期間内に生み出す必要のある人にとって、本当に考えなければならないことは何か。この本はそのことに絞って紹介したい。



じゃあ、何を本当に考えなければならないのか?

それはイシューである。イシューとは「問題」なのだが、明確な以下のような定義がある

A) matter that is in dispute between two or more parties (2つ以上の集団の相田で決着のつかない問題)
B) a vital or unsettled matter (根本に関わる、もしくは白黒はっきりしていない問題)



このイシューをどう設定するかで、そのテーマの質が決まる。

世の中で「問題かもしれない」と言われていることの総数を100とすれば、今、この局面で本当に白黒をはっきりさせるべき問題はせいぜい2つか3つくらいだ。



僕がずっと違和感をを感じていたのは、イシューを余りにもあやふやに設定して問題解決を行おうとするディスカッションのスタイルなんだ。目の前に問題があるからそれを解決するのではなく、目の前の問題の本質をあぶり出してイシューとして定義することこそが問題解決の本質なんだ。

そりゃ決められた時間内に曲がりなりにも結論まで到達しなければならないからある程度仕方ないのかもしれないが、解く価値のある問題を果たして解いていたか、そこに根本的な問題が潜んでいたか、という議論があまりにもあやふやであったのだ。

そのようなイシューの設定は筆者も言う通りロジカルだけでは解決しない

問題に立ち向かう際には、それぞれの情報について、複合的な意味合いを考え抜く必要がある。それらをしっかり掴むためには、他人からの話だけではなく、自ら現場に出向くなりして一次情報を掴む必要がある。そして更に難しいのは、そうして掴んだ情報「自分なりに感じる」ことなのだが、この重要性について多くの本ではほとんど触れられていない



実際にどうやってイシューを立て、問題解決に繋げて行くか、それは本書に詳しく書かれているがここでは割愛するが、僕が自分の研究と絡めて関心した、というよりは今まで出来ていなかったことは以下の2点。


・「答えが出せる」イシューを設定する
・敢えてスタンスを取る。「やってみないと分からないよね」といったことは決して言わない



1点目の答えが出せるというのは、研究では問題となっていることまだ分かっていないことは山のようにある。その中で、「既存の手法により答えに到達し得る」イシューを設定することが大事だということ。

いくら学術的に面白かろうが、既存の手法によって答えに到達し得る道筋が描けなければそれは研究としては失敗なんだ。僕は一時期、タンパク質のアミロイド繊維化の形成メカニズムが無機化合物の結晶成長のそれに似ているため、その周辺で絡めて何か面白い研究出来ないかなぁとか妄想したこともあったけど、結晶成長の詳細なメカニズムなんてSpring-8の機器をもってしても白黒はっきりつくかも怪しいのに、今うちのラボが持っているリソースでは到底不可能だ。

2点目のスタンスを取るということ。スタンスを取って仮説に落とし込まないと、答えを出すべきイシューに落とし込めないし、必要な情報/分析すべきことが分からない。その状態ではいくら実験しようとも出口の出ない迷宮の中を迷走しているに過ぎない。

実はこの2点、これは修士1年の研究で犯したミスであって、出来れば2年前の自分に読ませて挙げたい。
修士のテーマを決める時に「これがこうなったら面白いんじゃね?」という漠然として発想から研究を進めて最終的に出口が分からず、研究が一旦ストップしてしまった。

研究をスタートする前に考えるべきことは沢山あったし、立てた仮説が正しいかどうかもきちんと論文を読んで、その手の人とディスカッションして考えれば答えの出るものだった。これは本当に反省。


ちなみに、本書に書かれていることを貫き通せる環境があるラボは日本には少ないように感じる。

「考えるよりも体を動かせ」「なんとなく面白そうだからやってみる」「そんなのやってみなきゃ分からない」・・・明確な根拠とロジックなくして研究テーマが設定されて実験が強要されるため、本書のようなスタンスで研究に望みたい人は自分で工夫してなんとかやってくしかないだろう。

しかし著者も断言しているように、「何となく面白そうだから、でやるような人が大きなことにケリをつける、とどめを刺す可能性は非常に低い。」のだ。

僕はあと1ヶ月と残された時間は圧倒的に短いけど、圧倒的に高い生産性をもってなんとか出来るように試行錯誤しつつ頑張ります。

スポンサーサイト

| ロジカルスキル/問題解決 | 19:06 | comments:2| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - イシューからはじめよー知的生産の「シンプルな本質」が素晴らしすぎる件

COMMENT

修士生活

私は工学系修士2年の者です。

修士は教育だから、修論で結果が出なくても取り組む姿勢で修了できると言われています。だから教授陣は本書のスタンスとは合致しないような面白そうなことやらせる。
私はこの考え方に、学生が、教授と同じくテーマを面白そうだと考えるのであれば、賛同します。
ハナさんは、修論やるからには結果が出したい、だから面白そうかどうかではなくて,イシュー設定こそすべきだった、と考えているのだと思います。
私の研究も同じく、「こうなったら面白そう、やってみよう」から始まって、今はそれなりに楽しかったと思っています。
けれど、たいした結果が出せていません。きっとイシュー設定ができていなかったからだと思います。
自己満足で修士を終えるところだったのを、こちらを拝見して、自身への警鐘を鳴らすことができました。
私はシステムなのでケミストリーとはカルチャーが違うかもしれませんが。

本読んでみます。

| らんぼー | 2011/01/17 13:23 | URL | ≫ EDIT

修士にあがるまえに読んでおいて良かった!
と思えるように、卒論が終わったら読もうと思います。
ハナさんの記事を読むだけでも、自分の研究計画を
見直さなければいけないな、と痛感しています。

いま私も、ハナさんと同じように?面白そうだから、
で研究テーマを勝手に決めてつっぱしっているので。
しかもテーマはアミロイド線維です。妄想しっぱなしです。

| jass | 2011/01/22 13:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/207-4974df73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。