Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

社会人になった今、大学生の時の就活を振り返ってみる

けんすうさんの「能力なく器用でもない僕がいま大学生だったらどういう人生を選ぶか」や、いま大学生だったら、どういう人生を選ぶか?を見て、まぁ俺のことなんて誰も知りたくないだろうけど、最近ちょっと思うことがあったので書いてみます。




僕は理系の院を卒業して外資系のコンサルという面白くも何ともない平凡な道を選んだ訳ですが、今のところは割と満足しています。入社する前は、1年目は苦労するとか散々言われてビビりまくっていたわけですが、まぁ苦労はしていますが、それなりに楽しくやってたりします。

大企業orベンチャー

もう、いい加減これは聞き飽きまして、議論もしつくされたように思います。

僕の考えを一言で言うと、『大半のベンチャー<大企業<一部のベンチャー』です。

詳しく知りたい方は、下記の記事をお読みください。

難関企業に行けばいいという無責任さ
外資系に入ることがクールとか思ってる人は今すぐに認識を改めた方がいい
自分が活躍出来る場所はどこですか?


じゃあ、判断基準は何か?

結論から言うと、たぶん下記の3つくらい。

・働き方が自分に合っているかどうか
・この人はマジですげぇ、と思える人がいる
・それなりにやっていけて、活躍が出来そうかどうか


1つ目って、あんまり重視されてない気がするけど、個人的にはこれがもの凄く大事な気がします。学生のときはその大事さをあんまり認識していなかったけど、社会人になって、1日の大半(というか寝る以外全て)を会社で過ごすようになって、この視点重要さに改めて気がつきました。

具体的には、

・仕事は仕事で割り切って定時に帰りたいのか、時間制限がなくてとことん自分が納得出来るまでやりたいのか。
・マニュアルや上の言うことに従って仕事をするのか、いきなり自分のスタイルで仕事をしたいのか。
・当分は評価されず横並びがいいのか、いきなり評価されて差をつけられるのがいいのか。
・半年死ぬ気で働いて2週間の休暇が欲しいのか、毎年一定のペースでそれなりの休暇をもらいつつ働きたいのか。
・机上の研修によってじっくり学びたいのか、いきなり前線に放り込まれて必死にキャッチアップして学びたいのか。
・チームの和を重視するのか、尖った個を重視するのか。
・会社にぶら下がって逃げ切りを考えるのか、個として自分の能力で食って行きたいのか

もちろん現実では明確にどちらか、という訳ではないでしょうが、どっちの志向性に自分が合っているのかを見極めるべきでしょう。ちなみに、僕は全ての項目で後者タイプです。

結局、一日の大半をそこで過ごすわけであって、いくら好きなこと、やりたいことだろうと、自分の志向性と明らかに違うところで働くのは苦痛以外の何ものでもないっすよ。やりたいこと、憧れの会社・業種・・なんかを探す前に、まずは現実的な働き方のスタイルを考えるべきだと常々思っています。



続いて2つ目。マジですげぇって思える人も大事。
僕はコンサルは実は今の内定先しか受けてないんだけど、正直他の会社はあんまり知らなかったんで、
この人すげぇなって思える人がいなかったんですよね。

まぁ、もっとちゃんと就活して面接とか受けてたら、そうでもなかったと思うんですが。

やっぱり、すげぇって思える人と働かなきゃ、成長はないっすよ。そして俺みたいな頑固者だと、何かしら凄いなこの人、って思えるところがない人の下について働くのは、無理なので。



そして、3つ目。
結局ね、仕事ってのは活躍しなきゃ面白くないんじゃないかなって。
逆に活躍出来りゃ、割と面白く感じるもんなんだよね。

活躍するためには何が必要かは、矛盾するけどたぶん以下の2つ
・仕事自体が割と自分の得意分野である
・会社の多くの人が持ってなさそうなスキルを持ってる


2つ目はどういうことかって言うと、組織の中で替えのきかないスキルってのは重宝されますよっていう意味です。これは別に入社前から持っておく必要はないんだけど、これを持ってるときっと強いです。

スキルってのを人脈に置き換えてもオーケーですね。



結論


というわけで、結論は、

働き方がスタイルが自分の志向性に合っていて、すげぇって思える人がいて、自分のスキルや能力がそれなりに生きて活躍出来そうな会社

を選びますかね。つまり、今の段階では、学生の時にした選択に何ら違和感はないです。
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 02:48 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 社会人になった今、大学生の時の就活を振り返ってみる

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/223-6a3b4c61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。