Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

目的と手段を明確にするだけで、物事は驚くほどうまくいく。


物事は驚くほど単純だ。どんなことも目的と手段に分けられる。

逆に言うと、目的と手段を明確にするだけで、すべての物事が前へ進む。

物事が前に進まない多くの原因は、目的と手段を混同しているからだ。




例えば、英語を勉強しようと思い立ったとする。
多くの人にとって英語は手段であるはずだ。
それなのに、目的を明確にしないまま、英語の勉強を始めるから挫折する。

英語をマスターして、金を稼ぎたい、かっこいいと思われたい、海外旅行してみたい、異文化に触れたい、会議の場で恥をかきたくない、様々あるはずだ。

その目的によって、身に着けるべき英語は、驚くほど変わる。
そしてもっというと、目的を達成するためには、英語を勉強することが最前の策ではないこともあり得る。
(例えば、金を稼ぎたいと思った時に、英語の勉強は得てしてほとんど役に立たない)

そして、目的は常に、自分が心から欲するものではなければならない。
逆に言うと、自分が心から欲する目的は何か、を考えることからスタートするべきだ。


ここで、誤解してはならないのが、目的と手段は決して一義的に決まるものではない。
個々人によって、認識は変わる。
大多数人にとっては、仕事は「手段」であるが、ごく一部の人にとっては、日々の仕事それ自体に誇りを持ち、目の前の物事が目的と化している。

仕事を手段ととらえている人にとっては、その先にある目的に対して、手段としての今の仕事がベストかを常に問い続けるべきである。
あなたが取り組もうとしていることは、必ず「目的」、もしくは目的に近づくための最善の「手段」でなければならない。

そして、目的自体に取り組んでいるときに、あなたは大きな成果を達成する。それを人々は天職と呼ぶ。

「今あなたが取り組もうとしていることは目的ですか?手段ですか?」
スポンサーサイト

| ニュース/コラム/思考 | 01:14 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 目的と手段を明確にするだけで、物事は驚くほどうまくいく。

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/228-21ea0462

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。