Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

事実を曲解して生まれる価値

ここ2年くらい、自己啓発的な本はめっきり読まなくなりましたが、学生の頃にスローガン経由で一度飲ませて頂く機会があり、非常にスマートで面白い酒井譲さんの著書を見かけたので買って読んでみました。


君を成長させる言葉君を成長させる言葉
(2012/01/21)
酒井 穣

商品詳細を見る


1つ、とても面白い言葉に出会いました。



まずは事実を掴め。それから思うままに曲解せよ
             -マーク・トウェイン



この仕事をしていると、事実(ファクト)事態が価値になることはほとんど稀です。当たり前ですが、ファクトを価値にするためには、ファクトを基に、クライアントにとって有用な示唆を抽出すること。

ここでいう「有用な」のレベルが非常に難しい。事実から読み取れるあまりにも当たり前な示唆(例えば、xx製品の売り上げが下がり、市場もシュリンクしているから、この事業領域は撤退すべきだ)は当然ながら価値になりません。

かといって、とび感のある示唆を出す際は、それ自体のロジックを担保することが非常に難しい。そうすると知らず知らずのうちに無難な示唆に落ち着きがちになって、「言ってることは正しいし最もだけど、面白くない」という状況が生まれてしまう。

誰もが納得する客観的なデータを示しつつも、あっと驚かす示唆を出すベースとなる頭の使い方は、まずは「事実を基に思うがままに曲解する」ーこれ自体なのです。目的格に対して解を出す際には一見遠周りに見えますが、敢えてこの試行錯誤をやっておかないと、価値のある示唆に繋がらない気がします。

大学時代に、ある尊敬する教授が言っていた言葉があります。

「客観的な主張など何も意味がない。主観を持った主張は敵も多くなりがちだが、そういう主張こそが意味があり、世の中を変える」

ある意味中立的で、第三者という客観的な立場が求められるコンサルタントだからこそ、”主観的な想い”を持って仕事に取り組みたいと再認識させられました。

スポンサーサイト

| ニュース/コラム/思考 | 01:49 | comments:2| trackbacks:1| TOP↑ | はてなブックマーク - 事実を曲解して生まれる価値

COMMENT

2011年に読んだ本ベスト10お願いします!

| ゆみ | 2012/03/12 03:12 | URL |

ゆみさん
書きましたぁぁ!!!

| ハナ | 2012/04/13 01:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/230-f1265d34

TRACKBACK

まとめtyaiました【事実を曲解して生まれる価値】

ここ2年くらい、自己啓発的な本はめっきり読まなくなりましたが、学生の頃にスローガン経由で一度飲ませて頂く機会があり、非常にスマートで面白い酒井譲さんの著書を見か

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/06 05:11 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。