Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

アウトプットを意識しない読書こそが人生を豊かにする


アウトプットを意識することは、確かに大事だ。

しかしながら、アウトプットのない読書こそが人間を、人生を豊かにしてくれるのだ。





人はなぜ美術館に行くのか?
もっというと、なぜ人は美を求めるのか?

誰が言ったかは忘れたけれども、人間が究極的に追い求めるのは、真理の探求と美の追求だ。

アウトプットのある読書とは、つまるところ、読者の想像の外の世界の気づきを与えない。読者が何かしらの問題意識に対して、それに対して解を与えるだけである。時にはそれが想定以上のこともあるだろうし、その事柄を自分なりに解釈してアウトプットすることはもちろん重要だ。それを否定するつもりは毛頭ない。

ただし、それは決して外側にある世界を見せてはくれない。

美術館に行くように、自分では到底たどり着くことが出来ない美に対して、単なる享受者としてそれを消費することで、感性は、知らず知らずのうちに磨かれる。人間が本来持つべき嗜好がDNAレベルで共鳴するのである。

きっと、読書にも、そういう形があって然るべきなのだ。

速読とか、アウトプットがどうとか、メモを取って見返すとか、そういうのを一切忘れて、ただただ自分の感性と対話を繰り返しながらする読書の大事さを忘れてはならない。
スポンサーサイト

| ニュース/コラム/思考 | 01:28 | comments:0| trackbacks:1| TOP↑ | はてなブックマーク - アウトプットを意識しない読書こそが人生を豊かにする

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/231-9aff1274

TRACKBACK

まとめtyaiました【アウトプットを意識しない読書こそが人生を豊かにする】

アウトプットを意識することは、確かに大事だ。しかしながら、アウトプットのない読書こそが人間を、人生を豊かにしてくれるのだ。

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/06 05:11 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。