Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

これまでの振り返りと今年の目標

お久しぶりです。定期的に更新する予定がまたしてもだいぶ間が空いてしまいましてスミマセン。。

無駄にこのブログやTwitterの知名度があるらしく、採用のセミナーやグループディスカッションをしていると、だいたい「ブログやってますよね?」とか「りょーはなさんですか?」と声をかけて頂きますが、これを読んだ賢明な皆様は、「裏でこっそり」お願いします。(あまり大っぴらには知られたくないもので)

さて、あまり自分の目標とかそういうのをブログで書くのは柄ではないし、ちょっと恥ずかしいのであまり書きたくないのですが、実は1月からプロモーションをすることになりまして、ちょっと次のステップに行くこの機会に改めて色々と考えているので言語化しておこうかな、と。

年末に見直してどこまでできているか、確認するのが楽しみです。


去年1年を振り返ると、本当によく働きました。笑

長期休暇で海外旅行に行ったり、週末にパーティーをやっている同業・異業の他社の友人達を横目でうらやましく見ながら、半泣きで丸1ヶ月、土日なしでオフィスに缶詰めだったり、地方常駐で2日に1度くらいしか寝れない日々も良い思い出です。笑
 
特に下半期は「そもそも難易度の高い案件」だったり、「自分が実質的なケースリーダーとして下に人を付けてプロジェクトリードする案件」だったり、「クロスボーダー且つ要求水準の高いDD案件」であったり、チャレンジが多くて自分でも驚くほど色々なことを任せてもらえました。(なので、プロモーションは、結局、運が良かったんですよね)


さて、以上を踏まえて、来年の目標は以下の3つ+αを考えています。
(本当はオフィスの現状を考えるともっと色々とあるのですが、まぁ個人的に注力出来るものを中心に、3つくらいが限界じゃないかと思って書きます。3つあります、というとコンサルっぽいし。笑)

もう一度、足元のベースとなる能力値を固めつつ、特に高い自己目標を設定してケースデリバリーを行う

個人的にも、今回のプロモーションはちょっと早すぎると思っているので、あまり急がず、もう一度きちんと足元を見つめて、足りないスキル・能力(含・英語)に目を向けて研鑽していきたいと思っています。

職位が上がっていくと、一定期間を1つのイシュー・インダストリーに没頭できなくなるので、それが出来る最後の1年と認識して、もう一度、知識も含むベースのスキルを磨いていきたいと思っています。

そのためには、自らに高い目標設定を課して、達成していくというプロセスが不可欠で、(相手に合わせてサボりがちな)僕にとっては大変に難しいことでもあります。笑

これをしっかり行うことが第一の目標でしょうか。



”人の頭を使って”より高いアウトプットの創出を目指す

とは言いつつも、ロールが上がってしまったので、下に人をつけてケースを行う局面も結構あるかと思っています。特に自分より年上の人をどうやって使うか、また、下の人のチャレンジの機会とアウトプットの質の担保のバランスだったり、色々と悩む場面は結構あるかと。

特に、自らのマネジメントのスタイルをどうするかをぼんやり決めていきたいと思っています。

僕は良くも悪くも、割と柔軟性は高い方なので、なるべく相手に合わせてフレキシブルにスタイルを変えるタイプでありたいと思っています。

タスクまで落としてあげて、マイクロマネジメントしてあげた方が仕事がしやすい人だったり、タスクまで落とさずに大まかな目的だけあげて放置プレーをさせた方が良い人だったり、まぁ僕は割とどっちでもイケるタイプなので、その人の好きなスタイルに合わせてあげようかなと。

その上で、チャレンジもさせないといけないので、前者の人には敢えてタスクに落とすところまでやってもらうとか、も当然しないといけないと思っています。

まぁこのあたりは、少なくとも向こう3~4年は悩むと思うので、まぁ気楽に試行錯誤でやっていければと思っています。


オフィスロール(特に新卒採用)において中心的な役割を担い、”自分よりも優秀な人”の採用を目指す

個人的には3番目のこれが結構大事じゃないかと思っています。というのは、やっぱり採用が成功して、その代がオフィスの中核として活躍しているファームは伸びているし、逆に採用が失敗しているところはかなり苦戦しているので。

特にコンサルの採用ってすごく難しいと思うんですよ。
いくらアップorアウトとはいえ、採用人数も少ないので、確実に「当たり」の人を採用しないといけないし、本質的な能力を見極めるのは結構至難の技だと思うんですよね。

ケース面接がいくら出来たところで、実際の問題解決にはほとんど役に立つものではないし、思考の深さと受け答えの早さはトレードオフだし、単に知っていたor普段から考えていたから答えられたのか、スクラッチで思考を組み立てて答えたのか、なども見極めるのが難しいし、特に自分よりも優秀な人をきちんと評価するためには、「自らの思考・能力値の限界」を知りながら「自分よりも優秀な人のタイプをきちんと言語化して認識していること」が不可欠だし、人の能力値を見極めるのは相当難易度が高いと思っています。

更に、能力やスキル面は採用の必要条件でしかなく、実際に仕事が出来たり、リーダーシップがあるのかはまた別の軸で評価すべき事柄であり、僕は、本当の意味でのリーダーシップは採用なんかでは見ることはほぼ不可能に近いと思っています。それこそマッキンゼーの採用担当の方が書いた「採用基準」の言葉を借りれば、「命を預けられる」人間を1、2時間の面接で見極めるなんてことは無理だと思っています。(よくあるのが、人当たりもよく、口も達者で、リーダーシップがありそうだけど、いざ逆境に追い込まれると言い訳しか出てこないタイプの人間、などを間違って採用してしまうパターン)

正直、これは一緒に働いてみないと分かりません。

けれども、矛盾はしていますが、これにチャレンジして、1人でも多くの””僕よりも優秀な人”の採用をしていくことが今年の目標です。


(+α)中朝的なキャリアプラン(≒結局、何がしたいのか?どんなインパクトを世界に与えたいのか?)についても徐々に思いを巡らす

これはまぁプロジェクト後の休暇とかにちょっとずつ、ですかね。

個人的にはまぁ新卒3年間は「何も考えずにガムシャラに働く経験」も大事だと思っているので、そこまで真剣に考えなくて良いとは思っています。

ただ、やっぱり中長期的にはものすごく大事なことだと思うので、ある程度感度は高く持っておきたいかなと。



以上が今年1年間の目標です。欲をいえば1年後にもう1ランク上がっていれば文句なしですが、まぁそれは上記が達成出来たときの「結果」なので、まずは上の3つを日々意識しながら、地道に頑張って行きたいと思っています。
(加えて、このブログも今年こそ定期的に更新します。。)

どうぞ今年も宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 02:15 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - これまでの振り返りと今年の目標

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/234-939cc291

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。