Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

一度、すべてのツールを捨てなさい


僕は社会人になって、手帳を持たなくなった。時間管理とかタスク管理とか、そういうライフハック的なものはすべて辞めた。

理由は至ってシンプルで、「それによって仕事ができるかようになり人生が豊かにならない」からだ。



こんな自らを不必要に管理するものはほとんどの人にとって必要ない。色々な仕事術の本やブログ記事も頻繁に見られるが、これらをいちいち実践する必要もない。

試しにすべてを捨てて仕事をしてみるといい?普通にできるはずだ。それも、今までよりも効率的に。

ツールが存在すると、必然的にそのツールを使うことが前提となり、そこから発想が広がる。誰しも、TODOリストを作ると、別に大したことでもないTODOを作り出す。そのため、本来ならば、必要のないことに時間を割くことになる。


時間だけならまだいい。人体のラストリゾートと呼ばれる人間の脳は、人間が作り出したツールよりも遙かに賢く、色々な処理をこなしている。直感やセレンディピティ、なんてものはツールからは絶対に生まれない、驚くほど価値の高いものだ。その脳みそを「ツールを使いこなすこと」を考えることに使ってしまうなんて、実は非常にもったいない。

自らの能力のキャパシティを超えてしまうから、キャパを空けるために仕方なくツールを駆使するという大原則を忘れてはならない。ツールは最小限に、シンプルな方がよい。

一度、すべてを捨ててみるべきだ。
そして仕事をしてみるといい。その中で、何が自分にとって本当に必要かどうかが見えてくる。

僕の場合は、ごくシンプルに、GoogleカレンダーとGoogleタスクだけで事足りている。手帳は持っていないし、ポストイットに何かかくこともなければ、難しいテクニックを使うこともない。

ただ、予定が決まればスマホで予定を登録し、絶対にやらなければいけないこと、やると決めたことで後々忘れてしまいそうなことのみ、タスクとして放り込んでおく。

コツは即断即決即行動、どうしても即行動できないもの(時間的制約、指定された日の行動が望ましい、etc...)のみ、備忘のためにタスクリストに入れている。

それで、十分に仕事がこなせて、貴重な脳みそのリソースは、本来それを使うべき事柄(仕事の中身や自分のキャリア、趣味の読者など)に充てている。

一度、手帳を捨て、タスクリストを捨て、自らを管理することを止めてみませんか?
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 00:30 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 一度、すべてのツールを捨てなさい

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/237-83a30d6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。