Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

なぜか主張がとおる人の話し方&考え方

なぜか主張がとおる人の話し方&考え方なぜか主張がとおる人の話し方&考え方
(2006/10/26)
太田 龍樹

商品詳細を見る


この手の本は読んだことがなかったので、試しに一番簡単そうなものから読んでみました。

1時間もあれば読める本ですが、なかなか面白かったです。

著者はディベートの達人で、主にディベートの話ですが、日常生活の会話やディスカッションなどにも十分応用出来そうです。

今回も実践に移すという視点で書評を書いていきましょう。


書評


ディベートの3本柱
「ロゴス(論理)」「パトス(感情)」「エトス(信頼)」
この3つのバランスが大事。

人に何か伝えるとき、プレゼンするときも同じようにこの3つが大事だと思うので意識してみたいと思います。

非言語の部分も大事
情熱の人となるには情熱を込めた行動をせよ
優秀なセールスパーソンは話下手が多い→情熱が大事

一人ディベートをするための5つのステップ
(0、キャストライトアップー登場人物を明確に)
1、現状分析
2、現状における問題点
3、問題解決のためのプラン(計画)
4、プラン導入の可能性
5、プラン導入後のデメリット

これは一人ディベートに限らず、意思決定や何か新しいことを始めるときの思考ツールとして非常に有用だと思います。

更に交渉の時は1~3+ゴールで話す。

話す前に深呼吸する
これは本番であがってしまわないための策。

相手の話のメモを取る
主に商談やディスカッションでメモを取る際のポイントを3つくらいに分類する
1、会社のこと(専門分野のこと)
2、話し手自身のこと
3、話し手の家族のこと


実践

というわけで、学生である自分が実践するのは、やはり自分の研究発表のプレゼンの場、ディスカッションの場ではないかなと。

以上の書評、実はこの視点で書きました。

見返すとプレゼンや他の研究者とのディスカッションの際に気をつけるべきポイントが明確になるように書きました。

お気づきでしょうか?

自己満ですみません。笑
スポンサーサイト

| ロジカルスキル/問題解決 | 08:45 | comments:2| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - なぜか主張がとおる人の話し方&考え方

COMMENT

参考になりました♪

話下手なので、とても参考になりました。
早速、書店に行ってこようかなと思いますv

| red | 2009/06/11 09:38 | URL |

Re: 参考になりました♪

コメントありがとうございました!
是非参考なっていただいてうれしいです!!!

| ハナ | 2009/06/14 15:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/65-9f52743e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。