Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

一生ものの勉強法

今回紹介するのはこの本。

一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ
(2009/04/03)
鎌田 浩毅

商品詳細を見る


これは勉強法というよりは情報管理術に近いような内容でした。

この手の本はかなーり読んでもういい加減同じようなことばっか書いてあるんですが、これは理系の研究者が書いているということでついつい手に取って読んでしまいました。

書評はサクッといきます。

*ランキング投票よろしくお願いします!!


こういう理系の研究者はなかなか異色な存在で、近い人に茂木健一郎さんがいると思います。

彼も情報のアウトプットの場としてテレビなどのメディアを使っていて、沢山本を出していて面白い。

こういう人たちが増えてくれば理系の分野ももっと日常になってきて「理科離れ」が深刻化している現状に光が見えるんじゃないのかなぁ・・・

なんて思いながら読んでいました。笑



まぁ、おおむね今まで読んできた本と同じ内容でしたが、いくつかいい情報を得ることが出来ました。


以下、箇条書きで。

・古典を読んでみる。特に論語なんかは東洋の思想のエッセンス
つまならないかもしれないが、それを我慢して読み進めていくことが大事。そこにも価値がある。

・英語はシャドースピーキング
目に見えた光景を英語で考える癖をつける

・デジカメで目に見えた面白そうなものを出来るだけ記憶しておく。視覚効果

・旅先で酒を飲むと思わぬ出会いがあるかも、おすすめ



この本を読んでて思ったのが、この人は相当アクティブだなと。

だから余計頭が切れるんでしょうね。人とのつながりの中で浮かぶアイディアって、実は結構大きいと思います。

ヒョンなことから思わぬアイディアが浮かんでくる経験とかありませんか?


PCRという生命科学の発展における非常に大きなブレイクスルーを成し遂げたマリスさんは、実は結構なチャラ男で、このアイディアは彼女とのデートのときに思いついたという逸話があります。


研究だけをしている研究者も多くてもちろんそれを否定するつもりはないけれど、やっぱ社会との接点を保ちつつ、こういう行動力のある人は凄いと思いますね。


自分はどの道に進むか分かりませんが、こういう人の生き方は非常に参考になります。
スポンサーサイト

| 人付き合い/ビジネススキル | 01:01 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 一生ものの勉強法

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/66-94b90111

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。