Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

炭谷俊樹さんセミナー

先日、学内で主に博士課程の学生を対象にしたセミナーに行ってきました。

うちのボスの駒場時代の同級生で、理物のD1→マッキンゼー→フリースクール起業という炭谷俊樹さんという方のもの。

講演内容が

「たこつぼから飛び出し、新大陸を発見せよ!」


だったので、どんなセミナーか気になって聞きにいってしまった。周りは皆ドクターっぽい人ばっかで若干アウェーでしたが。

で、セミナーの内容ですが大きく分けて3つ
・炭谷さん自信の分岐点での思考と決断
・日本と世界の教育について
・日本のメーカーは技術力ではトップクラスだがなぜ世界で通用しないか?



下2つはかなりタイムリーな話題かつ興味のあるものだったんで、非常に面白かったです。

教育は触れると長くなりそうなんで、サクッと紹介して最後のトピック「・日本のメーカーは技術力ではトップクラスだがなぜ世界で通用しないか?」をまとめてみようと思います。

*いつも投票ありがとうございます!よろしければランキングクリックお願いします!!


教育について

住谷さんはご自身が娘さんを育てたデンマークの教育制度の良い面を日本にも取り入れるべきで、そのためのフリースクールを立ち上げています。要点は

・競争とうまく付き合う(なんでもかんでも競争させない。小さい時に失敗経験を積みすぎるのはよくない)
・良いところに焦点を当てて、人と違うことをしても認める


主に幼稚園から小学校くらいの人間の教育だけど、なかなか説得力のある話でした。
競争については賛否両論が別れそうだけど。

詳しくは炭谷さんの著書第3の教育-突き抜けた才能は、ここから生まれる (角川oneテーマ21 (C-4))を参考にされるといいでしょう。


なぜ日本の技術力・製品が世界に通用しないのか?

携帯電話のシェアの例をあげて、日本の機種は性能はピカ一なのに、世界市場でのシェアはほぼ0に近い。これには主に以下の要因があるとのこと。

・政治の力
・金の力
・構想力の差


(ちなみに僕は公用語である英語の差もあるのかなぁと思ったら、韓国のサムスンが上位に入っていてこれは違うんだなとわかりました。)

特に3つ目の構想力ですが、かつて記事にしたグローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのかでも以下のように述べられています

「現場力」が欠如し、「金融力」頼りであったアメリカが回復に時間をかけている間に、「現場力」の強い日本が「構想力」をつければ世界での存在感はグンと増すであろう。



この構想力ですが、僕はグローバルマインドを読んだときは、具体的にどういうものなのかイマイチ腑に落ちないところがあったのですが、今回のセミナーでiPhoneとi-Modeの例をあげて説明していただいて、とてもすっきりしました。

つまりiPhoneは世界を相手に、
ハードとソフトの連携やアプリの開発が自由にできること、携帯自体が日々進化していく、マーケティングが素晴らしいなど、構想力が非常に優れていると。iModeも当然素晴らしいシステムだけど、どれをとってもiPhoneとは構想力に差がある。

とのこと。最近iPhoneを買って、その素晴らしさに感動しまくってる僕は確かにな、と納得。


その他心に残ったこと

真実の瞬間:一番大変な時に信頼関係は出来る
・何か1つの分野で10000時間を集中してやることが成功への条件
・コンサルは情報に付加価値をつける仕事。ものづくりと同じ側面もある
・これからの社会に求められる人材像は「広く深く学び」「専門を生き方に結びつけ」「主体的に行動できる」人
・今の日本の子供の特徴:安易なエンターテイメントが多すぎて、自分でモノを作ることの楽しさを知らない。自分のやりたいことがない、モチベーションが非常に低い。悟りすぎている。笑


<紹介書籍>

グローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのかグローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのか
(2009/01/17)
藤井 清孝

商品詳細を見る


第3の教育-突き抜けた才能は、ここから生まれる (角川oneテーマ21 (C-4))第3の教育-突き抜けた才能は、ここから生まれる (角川oneテーマ21 (C-4))
(2000/12/01)
炭谷 俊樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| セミナー | 07:16 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 炭谷俊樹さんセミナー

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/77-fc5c3fb6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。