Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

東大で起きた爆発事故

つい先日、下のフロアの有機合成をやってる実験室で爆発事故が起きました。

構内に消防車やら救急車やらが来て、結構な騒ぎになりました。

産経→東大で実験中に爆発?
時事ドットコム東大工学部で試験管破裂=男性軽傷、実験中か-東京

結構な大きな爆発でしたが、幸いにも実験をしていた生徒は少し離れた場所にいて死には至らなかったようです。けれど60針以上を縫う大けがをされたそうです。

まさに急死に一生ですね。そして幸いにも保護眼鏡を着用していたので、目の損傷はなかったようです。

色々とニュースに記述があるようですが、実験自体は
アジ化ナトリウムをPEGか何かの両末端に修飾する実験で、エバポで濃縮しようとしてたら事故が起こったみたいです。アジ化物は危険だからエバポ使う発想がちょっと結構信じられませんが。

化学系の実験には常に事故というリスクがつきまとうのですが、予めリスクを減らす工夫をすることがいくらでも出来ます。
(白衣来たり保護眼鏡したり、危ない実験はドラフトでやったり、有機合成の場合は事前にリスクを調べておくとか)

今回の事故のいきさつを聞いたんですが、事故は様々な要因が重なって起こっていて、決して偶然ではないんですね。

今回の事故では、

指導教官がアメリカに行っていた
自分の研究とは関係なく遊びでやった実験
この実験は研究室で禁止されていた
研究室自体の体質の問題


ちょっと聞くところによるとなどが要因としてあるようですね。

事故はいろいろと積み重なって起こるものだなぁと改めて認識するいい機会でした。
実験に限らず企業の不祥事なんかも、ちょっとしたものが積み重なって起こっているんではないのかなぁ・・・

スポンサーサイト

| 大学/研究 | 01:28 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 東大で起きた爆発事故

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/80-7bd19a84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。