Creative Life

酒とバスケをこよなく愛する戦略コンサルタント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑ | はてなブックマーク - スポンサーサイト

≫ EDIT

欧米人とアジア人のプレゼンに対する考察

先日、うちの研究室と早稲田の研究室が主管行われた国際学会に行ってきました。

International symposium on Zeolites and Microporous Crystals. (ZMPC)

ざっくり言うと穴の空いたナノマテリアルを研究しようという、ちょっとマニアックな学会です。笑

ZMPC.jpg

僕はバイオケミストリーやってるんで、この学会には参加せずにアルバイトとして、参加しました。
参加費だけで5,6万かかる学会をただで聞けてバイト代が出るのはアツいですが、いかんせん分野が違いすぎてよく分からん。笑

ただ、プレゼンを聞いていて、やっぱり欧米人と日本人は感覚が違うなぁと思ったので、ちょっとまとめてみます。番外編で中国人も。笑 
詳しくは続きからどうぞ。

※いつもありがとうございます!ランキング投票お願いします。


というわけで、僕が見た中で比較してみる。ちょっとサンプル数は少ないので、一慨にこうは言えないかもしれないけど、結構的を得ているんではないかと自負はしている。笑


欧米人のプレゼンの特徴

・トークがうまい、けれどもちょっと速い
・抑陽がはっきりしていて、大事なポイントが分かる
・実験データが割と多い
・パワポはイマイチ、あくまで話が主体でパワポは補助的な感覚
・ユーモアを混ぜる人が多い


日本人のプレゼンの特徴

・英語ということもあるけど、トークが単調
・実験と結果、考察のバランスが良い
・パワポは分かりやすい
・ユーモアはまるでない


考察

というわけで、まぁ予想通りな特徴だと思うんですが、やっぱり言語の問題文化・教育の問題が大きいんじゃないかなぁと思いました。

言語的に日本語はあまり抑揚がないから、日本人が英語を喋るとそうなってしまうのは仕方ない。逆に英語はアクセントが大事な言語だから自然とそうなる。

そして、やっぱり向こうの教育は、ディベートやスピーチの授業があるくらい、プレゼン能力を重視した教育を行ってる。それに対してこっちはそういう授業は大学にほとんどないし、プレゼンの方法なんて本で独学で読むくらい。

でもやはり日本人はまじめだし、きっちりと自分の実験と結果を伝えようとするので、パワポの作りこみは素晴らしいし、僕も学校で卒論やら授業やらで色々と発表はしたけど、その都度パワポに関しては色々と指摘されて、わかりやすいパワポを作ろうと心掛けてきた。

というわけで、どちらがいいというわけでもないので、いいところをとりいれてうまくハイブリッド化させるのがいいんじゃないでしょうか。

ちなみに僕が聞いた中国人のプレゼンは…
結果を並べただけで突っ込みどころが満載でした。これ本当??って感じ。


参考

最近相互リンクをしていただいた方のブログに非常に参考になる記事が載っていたんで、プレゼンに興味がある方はどうぞ。
話下手・アガリ症でも聞く人に楽しんでもらえるプレゼンを作るテクニックと心構え


スポンサーサイト

| 大学/研究 | 11:14 | comments:2| trackbacks:0| TOP↑ | はてなブックマーク - 欧米人とアジア人のプレゼンに対する考察

COMMENT

以前教授となぜ日本人からノーベル経済学賞が出ないかって話を軽くしたときに

「英語で『伝える』の差が結構大きい」

って言っていました。
もちろん学者さん達は日本人であれ英語の論文はすらすら書きますが、なんというか感動させるような納得させるような伝え方がまだ英語では難しいようなことを言っていました。

それがあってかなくてか、海外で活躍されている日本人経済学者さんは証明とかがガチガチの数理的な分野が専攻の方が多いような気がします。

| ハセ | 2009/08/09 12:04 | URL |

>ハセさん
そうなんですかー!
経済という学問においてもそういう部分は大切なんですね。

ただ、ノーベル章になると話は別なような気が僕はします。
理系の学問は、伝え方というよりもやっぱり中身重視ですね。事実英語ほとんど喋れない方がノーベル賞もらいましたし。

経済のように「伝え方」で研究自体の差がつくような学問に僕はあまり実感がわきません。。

| ハナ | 2009/08/09 15:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chaperone.blog36.fc2.com/tb.php/90-38bbce39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。